主とゴールに集中して

j
2023年9月15日

九月十五日 主とゴールに集中して (二〇一四年 ひとしずく一六九四)

 先月、娘のYは、自分で稼いだお金でテレビを購入しました。それほど大きなものではないのですが、一番安くて、そこそこのサイズのものです。

 私は、テレビを購入することについて、懸念がありました。家族が集まる居間にいくといつもテレビがつけられているという状態では、家族のお互いの会話やコミュニケーションが損なわれてしまうと思うのです。一方的に話続ける見知らない人がわが家の居間に居続けて、こちらの気持ちなどおかまい無しです。―ハ。

 しかし、ニュースと、たまにフィギュアスケートや体操を皆で見 るため、ということで、うちの居間に置くことにかれることになりました。そしてここ数日、娘達は体操の世界選手権を見て楽しんでいます。

 そして、今日の昼に、娘とスポーツ観戦について少し話をしました。優先順序や、家族として関心を注がなければならないことについて話すきっかけになり、良かったです。食べ物もそうですが、祈りによって、物事は清められ、主の祝福を引き出すことができます。(第一テモテ四章一~四節、テトス一章十五節参照) 祈りを込めれば、テレビ番組も、家族皆での娯楽の時ともなります。しかし、見た後で、やはり祈って、世の霊から清められるようにしたらいいと思います。

 ところで、私も、娘たちが見ていた体操の競技を一緒に見たりしていたのですが、一つ勉強になったことがありました。それは、ある選手たちが、競技下のストレスとプレッシャーの最中で、最高のパフォーマンスをすることができることです。彼らは、他の選手と比較し合ったりせずに、自分に設定したゴールに向って、自分のすべきパフォーマンスに集中しているのです。高得点を取ったり、メダルを得て、人から称賛されても、自分の納得のいく演技かどうか、自分のベストを出し切れ たかどうかというのが、トップの人達の態度のように思えました。

 私もそうありたいと思いました。といっても、私の場合、それは主のために毎日を生きることにおいてのことですが。

 聖書には「人を恐れると罠に陥る」(箴言二九章二五節)とありますが、人からどう思われるかということを意識したり、人の意見を恐れていたら、私たちは主の御心を行うための的を外してしまいます。そして、人の目ばかり気にして、ただのご機嫌取りになってしまったり、また人と比べ合ったりたりしてしまいます。人と比べ合う事は、知恵のない業である(第二コリント十章十二節、ヨハネ五章四四節)とも聖書に記されていますが、私たちは、そのように知恵がなく、主の御心の的を外して、敵の罠に陥るようなことをしていたくはありません。

 私たちは、目をゴールに、つまり主が私たちに望まれていることに目を留め続け、主の言われた通りに従うことに集中すべきなのです。

 私たちは霊的な戦闘に従事しています(エペソ六章十二節)。そして、私たちが、優れた戦いをするためには、どのようにすれば良いのかは、次の聖句にある通りです。

こういうわけで、わたしたちは、このような多くの証人に雲のように囲まれているのであるから、いっさいの重荷と、からみつく罪とをかなぐり捨てて、わたしたちの参加すべき競走を、耐え忍んで走りぬこうではないか。信仰の導き手であり、またその完成者であるイエスを仰ぎ見つつ、走ろうではないか。彼は、自分の前におかれている喜びのゆえに、恥をもいとわないで十字架を忍び、 神の御座の右に座するに至ったのである。(ヘブル十二一、二節)

 人と比較するのではなく、また人目によって束縛されるのでもなく、ただ主イエスを仰ぎ、主の御言葉に従い、主が自分のために設定してくださったゴールに向って、走り抜くことができますように。

他の投稿もチェック

力は主にある

力は主にある 人生は旅。クリスチャンにとっては、巡礼の旅です。どこに向かっているかというと天にあるふるさとです。主からの任務を果たしつつ歩んでいく荒野の旅です。  信者が聖書の真理に立って、信仰に生きようとする際、この世はそれに対してあらゆる面で立ちはだかってきますので、荒野というのがふさわしいです。荒野は、供給においても、保護においても、また子供を世話し、家族を守るにも、ただ神に頼るしかない困難な場所です。しかし神がおられるなら、そこは祝福の場所となります。...

荒野で…

荒野で… 荒野にいるから、大いなる都がどんなものか見えてくる レールから外れて、はじめてレールの上をがむしゃらに走ることがどんなものか見えてくる 自国から離れて、はじめて自国が見えてくる 村八分にされて、はじめてその村が見えてくる 辱めを負って、はじめてあざける者の座に座らぬ者の幸いを知る 悪霊に悩まされて、はじめて解放の喜びを知る イエスは、 神であられることを捨てて、肉をまとわれた神だから...

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)  私たちは、霊の戦いに従事していることになっています。しかし、霊の戦いであるのに、霊の武器を十分ふるっていない時があると思います。主は霊の戦いを通して、その戦いをどのように戦うかを教えておられるのだと思います。戦い方は、戦うことを重ねてしか練達しません。  イエスがゲラサの地で会われた男の人、彼は大勢の悪霊につかれていました。...