j
2023年8月28日

八月二八日 蛙 (二〇一一年 ひとしずく81)

人がたくさん集まっているところにいるのに、かえってさびしい思いをすることがありますか? 自分を理解してくれている人がいないように思えたり、心の中がなにか満たされないように感じたりすることが・・?
 わたしはそんな時、夜になって蛙の鳴き声が聞こえてくるのを待ちます。夜になると、昼には騒音で聞こえなかった蛙の声が聞こえてきます。彼らの創造主を賛美する歌がわたしに慰めをもたらします。彼らが天に向かって、歌い続けるのをじっと聞いていると、わたしの中にも賛美の気持ちが涌いてきます。蛙の声がもっとよく聞 こえるように、わたしは真っ暗な外に出ます。そして草むらまで歩きます。目がだんだんと慣れてくると、木々のシルエットが浮かび上がってきます。そして耳が蛙の声だけに集中できてきます。すごいです。いろんな鳴き声、いえ、歌声がコーラスとなって聞こえてきます。その歌声に聞き入っていると、暗闇も気にならなくなり ます。さまざまな思いわずらいが遠のいていくのがわかります。
 人がどうわたしを見ているかなども関係なくなってきます。創造主であり、全能の神、そしてわたしのためには喜んで死んでくださるほどの愛を持っている方の存在が近くに感じられるなら、他の人が成功していて、自分が失敗しているように見えることなど、気にならなくなります。いずれにせよ、その愛の神がこれほど自分を愛 して下さっている時、「成功」や「失敗」など何だというのでしょう?

神がわたしを愛していてくださり、わたしが生きるようにと、あがなってくださり、そんなにもやさしく愛して下さっている時、自分の今おかれている境遇も、自分自身についても気にならなくなります。

でも、そのためには、自分の思いを、主の愛に向ける必要があります。わたしの求めているものが、何よりも主との交わりとなる時、起こるすべてのことも、自分のことも、周りの人のことも、気にならなくなります。そしてこの主との親密感を他の何ものとも交換したくない気持ちになります。


神は全地の王である。巧みな歌をもってほめうたえよ。(詩篇四七篇七節)

わたしは常に目の前に主を見た。主は、わたしが動かされないため、わたしの右にいて下さるからである。

それゆえ、わたしの心は楽しみ、わたしの舌はよろこび歌った。・・・あなたは、いのちの道をわたしに示し、み前にあって、わたしを喜びで満たして下さるであろう(使徒行伝二章二五~二八節)

他の投稿もチェック

力は主にある

力は主にある 人生は旅。クリスチャンにとっては、巡礼の旅です。どこに向かっているかというと天にあるふるさとです。主からの任務を果たしつつ歩んでいく荒野の旅です。  信者が聖書の真理に立って、信仰に生きようとする際、この世はそれに対してあらゆる面で立ちはだかってきますので、荒野というのがふさわしいです。荒野は、供給においても、保護においても、また子供を世話し、家族を守るにも、ただ神に頼るしかない困難な場所です。しかし神がおられるなら、そこは祝福の場所となります。...

荒野で…

荒野で… 荒野にいるから、大いなる都がどんなものか見えてくる レールから外れて、はじめてレールの上をがむしゃらに走ることがどんなものか見えてくる 自国から離れて、はじめて自国が見えてくる 村八分にされて、はじめてその村が見えてくる 辱めを負って、はじめてあざける者の座に座らぬ者の幸いを知る 悪霊に悩まされて、はじめて解放の喜びを知る イエスは、 神であられることを捨てて、肉をまとわれた神だから...

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)  私たちは、霊の戦いに従事していることになっています。しかし、霊の戦いであるのに、霊の武器を十分ふるっていない時があると思います。主は霊の戦いを通して、その戦いをどのように戦うかを教えておられるのだと思います。戦い方は、戦うことを重ねてしか練達しません。  イエスがゲラサの地で会われた男の人、彼は大勢の悪霊につかれていました。...