種たちの物語

j
2023年8月27日
八月二七日 種たちの物語 (二〇一一年 ひとしずく七二)
一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただ一粒のままである。しかし、もし死んだなら、豊かに実を結ぶようになる。(ヨハネ十二章二四節)
 最近畑に種を蒔きました。ちょっと種たちのことを想像してみてください。
農夫の持っている袋の中には、種たちがひしめきあっています。わいわいがやがやおしゃべりしていますが、実は、彼らは、地に埋められる時がいつ来るかと、恐れているのです。それが避けられないことだということも知っています。仲間のうちの誰一人として経験したことのない、この未知のことへの恐れ。仲間から離れて、一人暗い地の中に埋められるのは、誰も好きではありません。誰もが恐れを抱いていましたが、彼らはあまりそのことについて話したがりませんでした。
  ある日、この袋の中に、ついに、農夫の手が差し入れられました。そしてその手に捕まれた種は、仲間から離れ離れになり、畑に蒔かれました。それらの種の一つ一つは地中に埋められ、土をかぶせられました。袋に残った種たちは、いなくなった仲間をかわいそうに思い、また、自分たちが、まだ土の中に埋められていないことでほっとしました。でも、いつ自分にその時がくるかわかりません。心配です。
  それから何年かたちました。袋の中にはもう誰もいません。ただ、畑に立っている立派な木々が、楽しそうに話をしていました。みな、大きくて、実を豊かに実らせ、誇らしげに見えます。彼らの枝には、鳥たちが巣を作り、さえずっています。木々は、自分たちの思い出を懐かしそうに話し始めました。「あの時は、袋の中で、誰が最初に土に埋められてしまうか、みんなびくびくしていたもんだ」。
  わたしたちは、土の中に埋められる種のようです。神様はあなたという種を袋から取り出して、あなたの宿命、あるいは召命という畑に埋められたでしょうか? あるいは、それに抵抗して、まだ、袋の中にとどまりたいと願っているでしょうか? 袋の中にとどまっているなら、あなたは一粒のままです。しかし、土の中に埋められて死んだなら、豊かに実を結ぶようになります。しかし、種が一度土の中に埋められても、「土の中はいやだ」と言って土から、はい出てくるようなら、実は結べません。
使徒パウロは、こう言いました「・・・わたしは日々死んでいるのである。」(第一コリント5:15)
  あなたは、神に従うことは、土の中に埋められた種のようで、自分にとっては「死ぬこと」と同じだと思っているかもしれませんが、それこそが、長い忍耐の末に、立派な花と実をもたらす道です。イエスは、こう言われました「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」。十字架は磔にされて、死ぬ場所です。しかし、復活の栄光ある命は、十字架の死を通してしか与えられないのです。
自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを救うであろう。(ルカ九章二三、二四節)
 中には、困難で孤独な「土」の中からでて、あるいは「十字架」から降りて、したい放題の生活をすることが、自由で祝福された人生だと思う人がいるかもしれません。しかし、実は、本当の自由と祝福は、したい放題に生きることにあるのではなく、自分に対する神のご意思を受け入れ、それに譲渡して従うことの中にあります。

他の投稿もチェック

完成めざして

完成めざして それぞれ人は、完成を目指して励んでいるところがあると思います。それが医療関係の人であれ、飲食店のサービス業であれ、またスポーツの選手であれ。苦しい経験、訓練を通して人は、そこに至ります。 無駄のない動き、軽やかさ、一貫性… その人の練達ぶりから、「完成」を感じます。 これは信仰の道に導き入れられた私たちにも言えることですが、キリストを信じる信仰者の完成は、この世の人達のものと異なるところがあります。 私たちの完成は、イエス・キリストのようになることであり、信仰者それぞれを完成に至らせるのは神です。...

神に会う備え

神に会う備え 時々、立ち止まること、現場から離れることは、普段見ていない、あるいは見えてないものを見る助けになります。しかし、せっかく現場から離れても、まだ心配事が思いを駆け巡っているなら、神様が示されたいことに目が開かれないということがよくあります。私たちはそれほども日常の環境が影響を与え、神よりは自分の周りのものに影響されて生きているということです。  なかなか立ち止まることができないと、神が立ち止まらせてくれますが、痛みを伴ってということがあります。...

愛する者のためのとりなし

愛する者のためのとりなし 私が家出していた時のことは、他のところで分け合っていますが、その裏話というか、後になって近所のおばさんから聞いたお話です。 「私の旦那が仕事で函館に立ち寄った時、あんたらしい人を見たと言っていました。それであんたのお母さんに話したら、あんたのお母さんは、『そのままにしておいてあげたい』ということだった」...