新たな力を求めて

j
2023年8月26日

八月二六日 新たな力を求めて (二〇一四年夏 ひとしずく一六二〇)

主は時に応じて力を与えてくださいます。

一つの仕事、一つの区切りを終えたら、休むことが大切ですが、休むことには、ただ体を休ませるということ以上の意義があると思います。何かを成し終えた後、主の御許に行くことは、主に感謝し、主を褒め称えること、また、新しい仕事、奉仕の前に、主を認め、全ては主のため、主の力で主の愛に満たされて、ということを主の霊との交わりの内に確認する時であると思います。

東京から秋田へ向いながら、三日後に控えている田沢湖でのキャンプのために「しなければならないリスト」が頭を駆け巡っていました。二日間でそれらのことをしなければならず、それを考えるだけで圧倒されてしまいます。

しかし、それを成す事が主の御心であるのなら、主が責任を持って成してくださるのです。

主は圧倒されそうな私に、幾つかの聖句を思い起こさせてくださいました。

あなたは知らなかったか、あなたは聞かなかったか。

主はとこしえの神、地の果の創造者であって、弱ることなく、また疲れることなく、その知恵ははかりがたい。

弱った者に力を与え、勢いのない者には強さを増し加えられる。

年若い者も疲れ果てて倒れる。しかし主を待ち望む者は新たなる力を得、わしのように翼をはって、のぼることができる。

走っても疲れることなく、歩いても弱ることはない。(イザヤ四〇章二八~三一節)

恐れてはならない。わたしはあなたと共にいる。驚いてはならない、わたしはあなたの神である。わたしはあなたを強くし、あなたを助け、わが勝利の右の手をもって、あなたをささえる。(イザヤ四一章一〇節)

力は、天地を造られた主から来ます。ですから、主によって強められる必要があります。今しようとしていることは、主の望まれていることであるのなら、主はこんなにも疲れている私にも、力を与えてくださるに違いないと信じます。また準備の期間がどんなに短くても力不足であっても、主は必ず助けてくださるはずです。私は、今日までの疲れを引きずって、新しいことに向うことはできませんし、それをする必要はないのです。主は、新たな力を得るようにしてくださっているのですから。

私のすることは、まず、主の御許に行き、静まり、休むことです。弱った者に力を与えてくださる神を褒め称えます。

他の投稿もチェック

神の小さな声に従う

九月二九日 神の小さな声に従う (二〇一一年十月 ひとしずく六〇一)  福島でお米を作っている農家の人がテレビに出ていました。ちょうど、放射能の暫定規制値以下で、出荷できるという知らせが届いたばかりの農家の人たちの反応でした。  ある農家の人は、満面笑顔で感激していました。どんどんお米を作れると。 しかし、ある農家の人は、規制値以下だとわかっても「言葉にできない複雑な気持ちです」と言って、これから続けるかどうかわからないというようなことを話していました。  ...

大志を抱いて

九月二八日 大志を抱いて (二〇一二年 ひとしずく六〇〇)  江戸幕府の支配が終わろうとしていた時、日本は、不安と混乱の最中にありました。新しい時代には、先人たちが築き上げて来た文化と伝統だけでは、立ち行くことはできないと、誰の目にも明らかでした。西洋諸国に比べ、日本がどれだけ立ち後れているかを知って、焦りや諦めを持つ人も多かったことと思います。...

命のパン

九月二七日 命のパン (ひとしずく五九九)...