新たな力を求めて

j
2023年8月26日

八月二六日 新たな力を求めて (二〇一四年夏 ひとしずく一六二〇)

主は時に応じて力を与えてくださいます。

一つの仕事、一つの区切りを終えたら、休むことが大切ですが、休むことには、ただ体を休ませるということ以上の意義があると思います。何かを成し終えた後、主の御許に行くことは、主に感謝し、主を褒め称えること、また、新しい仕事、奉仕の前に、主を認め、全ては主のため、主の力で主の愛に満たされて、ということを主の霊との交わりの内に確認する時であると思います。

東京から秋田へ向いながら、三日後に控えている田沢湖でのキャンプのために「しなければならないリスト」が頭を駆け巡っていました。二日間でそれらのことをしなければならず、それを考えるだけで圧倒されてしまいます。

しかし、それを成す事が主の御心であるのなら、主が責任を持って成してくださるのです。

主は圧倒されそうな私に、幾つかの聖句を思い起こさせてくださいました。

あなたは知らなかったか、あなたは聞かなかったか。

主はとこしえの神、地の果の創造者であって、弱ることなく、また疲れることなく、その知恵ははかりがたい。

弱った者に力を与え、勢いのない者には強さを増し加えられる。

年若い者も疲れ果てて倒れる。しかし主を待ち望む者は新たなる力を得、わしのように翼をはって、のぼることができる。

走っても疲れることなく、歩いても弱ることはない。(イザヤ四〇章二八~三一節)

恐れてはならない。わたしはあなたと共にいる。驚いてはならない、わたしはあなたの神である。わたしはあなたを強くし、あなたを助け、わが勝利の右の手をもって、あなたをささえる。(イザヤ四一章一〇節)

力は、天地を造られた主から来ます。ですから、主によって強められる必要があります。今しようとしていることは、主の望まれていることであるのなら、主はこんなにも疲れている私にも、力を与えてくださるに違いないと信じます。また準備の期間がどんなに短くても力不足であっても、主は必ず助けてくださるはずです。私は、今日までの疲れを引きずって、新しいことに向うことはできませんし、それをする必要はないのです。主は、新たな力を得るようにしてくださっているのですから。

私のすることは、まず、主の御許に行き、静まり、休むことです。弱った者に力を与えてくださる神を褒め称えます。

他の投稿もチェック

完成めざして

完成めざして それぞれ人は、完成を目指して励んでいるところがあると思います。それが医療関係の人であれ、飲食店のサービス業であれ、またスポーツの選手であれ。苦しい経験、訓練を通して人は、そこに至ります。 無駄のない動き、軽やかさ、一貫性… その人の練達ぶりから、「完成」を感じます。 これは信仰の道に導き入れられた私たちにも言えることですが、キリストを信じる信仰者の完成は、この世の人達のものと異なるところがあります。 私たちの完成は、イエス・キリストのようになることであり、信仰者それぞれを完成に至らせるのは神です。...

神に会う備え

神に会う備え 時々、立ち止まること、現場から離れることは、普段見ていない、あるいは見えてないものを見る助けになります。しかし、せっかく現場から離れても、まだ心配事が思いを駆け巡っているなら、神様が示されたいことに目が開かれないということがよくあります。私たちはそれほども日常の環境が影響を与え、神よりは自分の周りのものに影響されて生きているということです。  なかなか立ち止まることができないと、神が立ち止まらせてくれますが、痛みを伴ってということがあります。...

愛する者のためのとりなし

愛する者のためのとりなし 私が家出していた時のことは、他のところで分け合っていますが、その裏話というか、後になって近所のおばさんから聞いたお話です。 「私の旦那が仕事で函館に立ち寄った時、あんたらしい人を見たと言っていました。それであんたのお母さんに話したら、あんたのお母さんは、『そのままにしておいてあげたい』ということだった」...