生きている間に

j
2023年8月25日

八月二五日 生きている間に (二〇一四年夏 ひとしずく一六一九)

肉体から離れた魂は

私たちに聞こえる声で語りかけることができない。

彼は今、私たちに何を語りたいのだろう?

写真の中の彼はほほ笑んでいる。

どうしようもない肉体の疲れや苦悩から解放されて

今は本当に、この写真のように、心から喜んでいるのだろう。

病院を訪問したのが彼との最後の会話だった。

私が帰る時、寝巻き姿で病院から出て、わざわざ私を見送ってくれた。

「今度、秋田に来てください」

私がそう言うと、彼は嬉しそうにほほ笑んでいた。

来月の8月にと思っていたけれど

もっと早く秋田に連れて行けばよかった。

人生の卒業がこんなにも早く迫っていたなんて・・・。

思えば、あまり心の内を彼から聞き出していなかった

何を考えて、何が望みで、何が悩みだったのか。

この世を去る前に、何か言いたかったことは無かったか。

微笑む彼の写真を見て、心に色々な思いが巡ってくる。

今、彼がイエス様の胸の中にいて、平安と喜びに満たされているのはわかる。

そして、それが私にとってのせめてもの救い。

しかし、ああ、彼の気持ちをもっと理解できていたら、と思う。

彼のためにもっと何かしてあげられることはなかったか・・・。

生きている間に・・・。

あなたがたは、あすのこともわからぬ身なのだ。あなたがたのいのちは、どんなものであるか。あなたがたは、しばしの間あらわれて、たちまち消え行く霧にすぎない。(ヤコブ四章十四節)

あなたがたによく言っておく。わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、すなわち、わたしにしたのである… あなたがたによく言っておく。これらの最も小さな者のひとりにしなかったのは、すなわち、わたしにしなかったのである(マタイ二五章四〇、四四節)

他の投稿もチェック

神の小さな声に従う

九月二九日 神の小さな声に従う (二〇一一年十月 ひとしずく六〇一)  福島でお米を作っている農家の人がテレビに出ていました。ちょうど、放射能の暫定規制値以下で、出荷できるという知らせが届いたばかりの農家の人たちの反応でした。  ある農家の人は、満面笑顔で感激していました。どんどんお米を作れると。 しかし、ある農家の人は、規制値以下だとわかっても「言葉にできない複雑な気持ちです」と言って、これから続けるかどうかわからないというようなことを話していました。  ...

大志を抱いて

九月二八日 大志を抱いて (二〇一二年 ひとしずく六〇〇)  江戸幕府の支配が終わろうとしていた時、日本は、不安と混乱の最中にありました。新しい時代には、先人たちが築き上げて来た文化と伝統だけでは、立ち行くことはできないと、誰の目にも明らかでした。西洋諸国に比べ、日本がどれだけ立ち後れているかを知って、焦りや諦めを持つ人も多かったことと思います。...

命のパン

九月二七日 命のパン (ひとしずく五九九)...