もし

j
2023年8月24日

八月二四日 もし (二〇一一年 ひとしずく七三)

イエス様にこう聞かれたら、わたしはどう答えるだろう。「もし、わたしがあなたに、地上での人生をもう一度与えることができるとしたら、どんな人生にしてほしいかい? 酒癖の悪いお父さではなく、家庭内暴力も何もなくて、裕福な家庭で育てられたいかい?」
 平和で円満な家庭で育てられるのは、さぞすばらしいことだろう。それこそ、わたしが子供のころに夢見てきたことだ。父が酒に酔っている時は、いつ母やわたしに茶碗を投げつけてくるかと、びくびくしていたものだ。

でも、もし、そのような申し出をイエス様がしてくださるなら、それを受ける前に、わたしはいくつか質問したいと思った。
 「イエス様、そんな家庭で育てられたら、どんなにすばらしいことかと思いますが、一つ尋ねたいことがあります。父が、お酒に酔うとよく暴力を奮いました。そんな時、飛んでくる彼のこぶしや茶碗から小さなわたしを守るために、母は、わたしを体で覆って、彼女の背中で父の暴力を受けてくれました。わたしはそんな母親の姿から、尊い愛を学ばせていただきました。

その後、困難や災いに遭遇する時、あなたが母親のようにわたしの保護となり、隠れ家となってくださることも学ばせていただきました。そのおかげで、毎日泣きたくなるような日々を過ごさなければならない人たちの気持ちをいくらか理解し、同情できるようになりました。もし、わたしが、平和な家庭に生まれたとしたら 、わたしはそのようにあなたの慈しみにすがることを、早くから学んだり、似たような境遇にある人の気持ちを理解することができたでしょうか?」

イエス「わが子よ、それは難しい。もし、あなたがあのような父親の下で育たないのだったら、あなたの母親も別な人が備えられるだろう。わたし自身も、人の弱さを思いやることのできる者となるために、人の通っている悲しみを味わう必要があったように、人は苦しみを通してしか、苦しむ者の気持ちを深く理解できないのだ」 。

もし、主がそう語られるなら、わたしはきっとこう答えるだろう。「わかりました。イエス様、もし人生をもう一度初めからスタートさせていただけるなら、何も変えてくださらなくて結構です。ただ、わたしの祈りは、その同じ人生を、もっと快活に、賛美に満ちて生きるようになることです」。

あなたの目は、まだできあがらないわたしのからだを見られた。わたしのためにつくられたわがよわいの日のまだ一日もなかったとき、その日はことごとくあなたの書にしるされた。神よ、あなたのもろもろのみ思いは、なんとわたしに尊いことでしょう。その全体はなんと広大なことでしょう。わたしがこれを数えようと すれば、その数は砂よりも多い。わたしが目ざめるとき、わたしはなおあなたと共にいます。(詩篇一三九篇十六~十八節)

この大祭司は、わたしたちの弱さを思いやることのできないようなかたではない。罪は犯されなかったが、すべてのことについて、わたしたちと同じように試錬に会われたのである。(ヘブル四章十五節)

 彼は侮られて人に捨てられ、悲しみの人で、病を知っていた… (イザヤ五三章三節前半)

他の投稿もチェック

つながっている人々のために パート2

つながっている人々のために パート2 (2013年2月 ひとしずく1100) 原発の事故以来、度々、そこで働く作業員の過酷な労働問題が取り上げられています。以前、福島原発2号基の爆発 当時、中央制御室で働いていた人たちのドキュメンタリーをユーチューブで見ましたが、作業員が何とか爆発を防ごうと、必死になっていたのを思 い出します。SR弁というのを開いて、蒸気を逃がさないなら圧力に絶えられず、格納器が爆発してしまうという危険な事態でした。しかも、その...

つながっている人々のために

つながっている人々のために (2013年2月 ひとしずく1099)    私のある友人は、遠い第三世界の子供たちに対する熱い愛に、いつもかき立てられています。彼女の彼らに対する伝道の思いは、何十年も燃え続けて います。 日本にいるために、自らそれら貧しい子供たちに接することはできないものの、生活費 を節約し、それを子供たちの福利のために送っています。 私たちは、世界中の人たちとつながっていると言えると思います。確かに現代は、この...

十字架を負って生きる

十字架を負って生きる (2013年2月 ひとし ずく1098) いったい自分は、どんな目的のためにこの地上で生を受けたのだろうか? イエス 様は、「日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」と言われたけれど、自分の十字架とはいったい何なのだろう? これは全てのイエス様に従おうとしている人が心のどこかで抱いている疑問であると思 います。「それから、みんなの者に言われた、『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきな...