「すべて」

j
2023年8月23日

八月二三日 「すべて」 (二〇一四年夏 ひとしずく一六一七)

口語訳の詩編一四五篇には、「すべて」という言葉が、九回出てきます。

主はすべての者に恵みがあり、そのあわれみはすべてのみわざの上にあります。(九節)

主はすべて倒れんとする者をささえ、すべてかがむ者を立たせられます。(十四節)

あなたはみ手を開いて、すべての生けるものの願いを飽かせられます。主はそのすべての道に正しく、そのすべてのみわざに恵みふかく、すべて主を呼ぶ者、誠をもって主を呼ぶ者に主は近いのです。(十六~十八節)など。

私は、詩編のこの興味深い箇所について聖書のクラスで取り上げて、以下のような話をしました。

 「すべて」という意味は、もれなくということです。主は私たちすべての者に対して憐れみを持っておられます。ですから、あなたも、あの人も、この人もということです。そして、この私もということです。

  人は困難の最中にあって、今までにないほどの試練に遭うと簡単に、神様に見捨てられたように感じてしまいます。自分はもともと神様の愛にも祝福にもふさわしくない者だから、厳しい仕打ちを受けても当然だ、と挫折し、打ちひしがれることに甘んじてしまいやすいのです。

 しかし、上記の詩編の作者の声明は、そんな気持ちとは異なります。

「主はすべて倒れんとする者をささえ、すべてかがむ者を立たせられます」この「すべて」には、私も含まれているでしょうか。その通りだと思います。

 主の憐れみは、この私にも、こんな状態の私にも注がれているのです。それも日常に起こるすべての道において、主は恵み深いのです。感謝です。

  こんなふうに言っている私も、実は今朝、コンピュータがどうしても起動しないことがわかり、はじめは必死に祈りながら、何とかなるという思いでいたものの、聖書クラスが終わってから、コンピュータショップに行ってコンピュータの具合をみてもらうと、何と、数時間や一日で直せるものではないと言われました。私はできたら三日後の秋田に帰る日までに直してもらえたら、と願っていたのですが、どうやらその期日までに直せる保証はないと伝えられたのです。しかも、修理代は安くはありません。

 まぁ、購入してから四年近く経っており、部品を交換しなければならないのは仕方のないことですが、よりによって来月のキャンプの準備に忙しい最中に、このような状態に遭遇するというのは、あまり主の愛を感じるものではありません。私は落胆に襲われていました。

ついさっき、聖書のクラスで、主の「すべて」に対する愛を忘れるべきではないと語ったにもかかわらず、簡単に落胆してしまう自分がおかしく思えました。主は、世話してくださるとわかっていても、落胆の霊に襲われているのがわかりました。

私は妻に電話して、状況を説明しました。すると彼女は、すぐに私の落ち込んでいるのを察し、直るまで息子の今使っていないコンピュータを借りるのはどうかと提案してくれました。これは、全く思いがけない解決策で、息子に連絡したら、すぐに承諾してくれ、早速、このひとしずくをその息子から借りたコンピュータでやっています。

 主は確かに、私のような「倒れんとする者」を支えてくださったのです。今朝から何度も祈り、助けを呼ばわっていましたが、主は答えてくださいました。感謝です。

主はまさしく、すべての者を支え、すべての道に正しく、すべてのみわざに恵み深い方なのです。試練の最中において、この偉大なる主と、その約束にしがみつく者は、幸いです。

すべて主を呼ぶ者、誠をもって主を呼ぶ者に主は近いのです。主はおのれを恐れる者の願いを満たし、またその叫びを聞いてこれを救われます。(詩編一四五篇十八、十九節)

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...