愛しているからこそ

八月十八日 愛しているからこそ (二〇一四年夏 ひとしずく一六〇九)

 息子のYは、今、色々な面で忙しくしています。畑仕事、薪切り、また近所の人が病気で動けなくなるとそこへ行って、小屋の中を整理したり、重いものを運んだりと、とにかく毎日忙しく働いています。

 最近、この息子が廃材を扱っていた時、釘を踏んでしまいました。厚底の作業靴を持っているので、それを履いていれば良かったのですが、普通の長靴で作業をしていたので、釘が足に刺さったのです。何とか手当をして、大丈夫だったのですが、痛い目に遭いました。

 それからしばらくして、今度は彼が小屋から物を取り出そうとした時、何とそこに蜂が潜んでいて、手を刺されてしまいました。彼の手は、大きく膨れ上がってしまいました。それも手当をして、大事には至りませんでしたが、まだ右手は腫れています。

 そのことで、きっと息子も色々と学んでいるのだと思います。彼は忙しいあまり、最近は主の御言葉を十分に取り入れていなかったと言っていました。

私たちもよく、主との時間を取らずに忙しくしていると、こんなことを体験するのではないでしょうか?そして、それを通して、主は愛する者たちの奉仕よりも、その愛する者と心通わす時を求めておられるという教訓を学ぶのです。

今、電車の座席に坐りながら、そのことを考えていました。すると、次の聖句を思い出しました。それは「正しい者には災が多い。しかし、主はすべてその中から彼を助け出される」(詩篇三四篇十九節)というものです。

 正しい者がそれだけ災いが多いのは、その災いこそが人を正しく保ってくれているということだと思います。

 きっと主は、息子に幾つもの災いを送って、彼を主の正しい道へと導かれているのでしょう。彼を愛しているからこそ、主はそうした思いがけない試練を送り、彼を成長させ、訓練しておられるのだと思います。主の愛を感謝します。そしてそれらの災いが、それ以上に大きなものでなかったことも感謝します。

 どうか彼の手がすぐに癒されるように、また彼がこの全てを通して成長し、主の近くにあり、霊の内にも強められるようにお祈りください。ありがとうございます。

  また、彼は私や家族、村の人達のできないことを補おうとして、一生懸命でした。危険なことについて、もっと気づき、注意を促し、良い助言者、見守る者となることは、私の責任です。どうか私が良い親、監督者となれるように私のためにも、お祈り下さい。

主は愛する者を訓練し、受けいれるすべての子を、むち打たれるのである」。主は愛する者を訓練し、受け入れる全ての子を、むち打たれるのである。(ヘブル十二章六節)

他の投稿もチェック

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む (このお話は2014年に書かれたものであることをお伝えします。) 私たちは、自宅から車で一時間ほど行った町に、ひと月に一度かニ度買い物に出かけるのですが、私たちの場所から十キロメートルも車を走らせると、そこはもう雪が全く見当たらない別世界となります。昨日も、母を病院の定期検診と買い物に連れて行ったのですが、いかに自分たちの所が他に比べると雪が多い地域かということがわかります。...

ひとしずく1515-神の見解 

ひとしずく1515-神の見解  神と私たち人間との見解は異なります。私たちはそのことを踏まえて、もっと自分の考えにとらわれず神様の見解を求める必要があると思います。改めて聖書が示す神の見解を心に刻む事ができますように。 主はサムエルに言われた、「顔形や、身のたけを見てはならない…わたしが見るところは人とは異なる。人は外の顔形を見、主は心を見る」(サムエル記上16:7) イエスは答えて言われた、「天地の主なる父よ、あなたに感謝します。これらのことを知恵のある者や、賢い者に隠して幼な子に現してくださったからです。」(マタイ11:25)...

ひとしずく1514-選択という賜物

ひとしずく1514-選択という賜物   あなたは神様の御心を知っていますか?神様の御心、それは、私たちがいつも神様の近くに住まい、神の御顔を仰ぎ、愛し、どんな状況にあっても神様の約束を固く信じ、賛美しつつ御言葉に従って生きることです。しかし、神様は、そんな御自分の思いを押しつけたりせず、私たちの自由意志を尊重し、選択と言う賜物を与えてくださっています。何と深い愛だろうと思います。その神の御姿は、放蕩息子の父親の姿で表されています。  ...