解放

八月十七日 解放 (二〇一四年夏 ひとしずく一六〇八)

 私はクリスチャンになる前はひどい恥ずかしがり屋でした。人が自分をどう思うかが気がかりで、赤面恐怖症だったのです。そういう面で、私にとってはあらゆることがつらいことでした。特に音痴でもあったので、音楽の歌のテストの時は、それはそれは大変でした。

人前で話すことはもっての他で、ただ見知らぬ人と道ですれ違うだけで顔を真っ赤にしていたものです。私はそんな状態から自由になりたいと思い、自分から進んで、話すことにチャレンジしたりもしましたが、なかなかそれは克服で きませんでした。今でも時々、自意識過剰になってしまうことがありますが、多くの場合、もう人を恐れることはなくなりま した。それはやはり、聖霊の力なの だと思います。

主は霊である。そして、主の霊のあるところには、自由がある。(第二コリント三章十七節)

 自分のことを相手がどう思うか構わなくなったのは、自分のことではな く、相手に、ただイエス様のことを知ってほしいと願うからです。神様の恵みによって、神様と大勢の人達から頂いたたくさんのものがあります。それを他の人たちに、ただ分け合いたいと思う時、自分のことをあまり意識しなくなったのです。そして相手が何を必要としていて、イエス様は、その人に何を与えようとしておられるのだろう?ということに思いが集中していると、自分のことをいつのまにか忘れてしまっているのです。神の国と神の義を第一に求める事によって、 私の心の願いは叶えられ、赤面恐怖症から解放されたのでした。

何かに捕らわれ、そこから解放されたいのなら、真理を知り、それを信じることです。真理とは神様の言葉です。神様がいかに私たちを愛しているかという声です。そしてその神の愛が、私たちをあらゆる恐れから解放してくれます。自由にしてくれます。

イエスは自分を信じたユダヤ人たちに言われた、「もしわたしの言葉のうちにとどまっておるなら、あなたがたは、ほんとうにわたしの弟子なのである。また真理を知るであろう。そして真理は、あなたがたに自由を得させるであろう」(ヨハネ八章三一、三二節)

他の投稿もチェック

つながっている人々のために パート2

つながっている人々のために パート2 (2013年2月 ひとしずく1100) 原発の事故以来、度々、そこで働く作業員の過酷な労働問題が取り上げられています。以前、福島原発2号基の爆発 当時、中央制御室で働いていた人たちのドキュメンタリーをユーチューブで見ましたが、作業員が何とか爆発を防ごうと、必死になっていたのを思 い出します。SR弁というのを開いて、蒸気を逃がさないなら圧力に絶えられず、格納器が爆発してしまうという危険な事態でした。しかも、その...

つながっている人々のために

つながっている人々のために (2013年2月 ひとしずく1099)    私のある友人は、遠い第三世界の子供たちに対する熱い愛に、いつもかき立てられています。彼女の彼らに対する伝道の思いは、何十年も燃え続けて います。 日本にいるために、自らそれら貧しい子供たちに接することはできないものの、生活費 を節約し、それを子供たちの福利のために送っています。 私たちは、世界中の人たちとつながっていると言えると思います。確かに現代は、この...

十字架を負って生きる

十字架を負って生きる (2013年2月 ひとし ずく1098) いったい自分は、どんな目的のためにこの地上で生を受けたのだろうか? イエス 様は、「日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」と言われたけれど、自分の十字架とはいったい何なのだろう? これは全てのイエス様に従おうとしている人が心のどこかで抱いている疑問であると思 います。「それから、みんなの者に言われた、『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきな...