神の目を通して見出す

j
2023年8月13日

八月十三日 神の目を通して見出す (二〇一二年八月 ひとしずく九一八)

花の詩画作家によって描かれた野の花

一つ一つの花に注がれる神様の愛と

その愛で輝いている花たちの美しさ

そして神秘さ・・・

よく見かける野の花だけれど

こんなにステキなとこあったんだ

神様がこの小さな花たちをどれほど気遣い

美しく装ってくださっているかに驚かされる

きっと詩画作家の彼が神様の目を通して

これらの花を見て、それを表現してくれているからなのだろう

花の美しさは、いつまで見ていても飽くことがない

しかし、イエス様はこう言われた

 きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。(マタイ六章三〇節)

つまり・・・

あの人もこの人も

そしてこの自分も

誰も彼も

野の花より、遥かに神様は気にかけてくださる

花には素晴らしい神秘があるけれど

それなら尚のこと、私たち人間にはどれほどの神秘があることだろう?

そして、私たちが今日、通過する一つ一つの体験や出会いにも

きっと、素晴らしい神秘と発見が待っているに違いない。

ただ、神さまの目を通して見るならば・・・。

他の投稿もチェック

震 災3年目 (–2014年3月配信)を迎えるにあたって

ひとしずく1479-震 災3年目を迎えるにあたって(2014年3月配信) 震災で愛する人を失った人たち・・・。  3年経っても、その痛みは増すばかり、と語る人がテレビに映っ ていました。そして、他界した家族が天国から自分たちを見守ってくれていると思いますと語る人も。 この三年間、被災者の方々は色々なことを通過して来られたと思います。 神様は全てのことを目的をもって計画されたのですから、きっと、今という時間の枠の中で理 解できないことが、向こうの岸に辿り着いた時、全てが...

主を待ち望む

ひ としずく354-主を待ち望む 「主を待ち望め」 聖 書にいくつも出てくる言葉です。 主 を待ち望むということは、主が介入して下さるのを信頼して待つということだと思います。 現代の社会においては、何でもすぐに成されることを要求し 合っており、それが当たり前のようになっているようです。 皆 がせわしく動き回り、お互いに急かせ合っているのです。このように、せわしい世界におかれているが故に、時間の短縮、ノルマ達成に明 け暮れるというプレッ...