愛の御霊に委ねて

j
2023年8月5日

八月五日 愛の御霊に委ねて (二〇一二年八月 ひとしずく八九七)

主よ、あなたはきっと、これらの人たちを愛おしく思っておられることでしょう。友人のカフェで行われたライブに誘われて、席に座って、それぞれが歌ったり踊ったりするのを見て思っていた。何で、こんなに一人一人が美しく見えるんだろう?皆がハッピーで、自由に歌っている。お互いに愛を伝えたい、友達になろうよ、という気持ちが伝わってくる。みんな素敵だなー。

神様がご自分に似せて作られたんだから。それにしても歌い方、しぐさ、話し方から一人一人全く違った性格だっていうのがわかる。神様の姿に似せて創られたっていうのは、きっとその性格性質の素敵なところ、愛すべきところなんだろうな。神様は、それぞれに与えられたユニークなところを喜んでおられる。

きっとこの一人一人が野の花のように、美しく輝く花、麗しい香りを放つ花のような存在なのだろう。その花たちが仲良く、人生を楽しむ姿は一層素晴らしいものとして神様の目に映っているんだろうな。

別れ際「私は仏教徒だけど、キリストさん大好きなんだ」と挨拶しに来てくれた人がいた。私がクリスチャンだとわかっていてそう話したと思うが、お互い通じ合うものがあるように感じているのだろう。

 主イエスは、きっとお酒も飲んだと思うし、一緒に歌をうたったと思う。

「人の子(イエス)がきて食べたり飲んだりしていると、見よ、あれは食をむさぼる者、大酒を飲む者、また取税人、罪人の仲間だ、と言う(ルカ七章三四節)」とイエス様のことを悪口を言っていた者たちがいたが、きっとイエス様は、酒に酔っぱらうことはなくても、一緒にお酒を飲むことはあったと思う。 私は音痴で皆の前で歌が歌えないし、それにお酒を勧められてもあまり飲めない。

だからそうした場では、申し訳ないなと思うけれど、少なくても、彼らの楽しんでいるのを見たり、話を聞いて幸せを頂くことはできる。 そして話を聞いていると、主がいかにその人たちの人生に働きかけられ、守られ、取りなしをされてこられたかが感じられる。 イエス様は、「わたしが愛したように、あなたがたも愛し合いなさい」と言われた。

天の父も主イエスも、この目の前にいる一人一人を愛してこられ、守られ、育て、成長させてこられた。

イエス様がそのように愛されたように、この人たちを愛するということはどういうことなのか、と思う。 私には、そんなことはできない。ただ「主よ、あなたの御霊がわたしを通して、これらの人々に触れてください」と祈るしかない。

「あなたが愛されるのを私が邪魔しませんように。あなたの愛の霊に委ねることができますように」と。

他の投稿もチェック

信じて求める

 信仰の歩みはこの世の尺度で測れないし、計算できるものではない。そしてうまい計略が通用するものでもない。  神の導きに信頼して、一歩踏み出したら、わき目をふらずに歩んだらいい。(創世記19章15節)  ロトの妻は、振り返って塩の柱にされてしまった。(創世記19章26節)  私は明日のことを知らない。神は時間を超えておられる。だから神の言われたことに信頼して従う。行先を知っておられる方が導かれるから。(ヘブル11章8節)  私たちに良いわざを始められた方が、その日までに完成してくださるのだから。(ピリピ1章6節)...

悪霊との戦い

悪霊との戦い 時には、悪霊との闘いが長く続くように思える時があります。しかし、戦いは、必ず、終わります。神の許しがなければ、神の愛する者には、何一つ起こりません。 神が小さなスズメを気遣っておられるなら、私たち悪霊に悩まされている者はなおさらです。 二羽のすずめは一アサリオンで売られているではないか。しかもあなたがたの父の許しがなければ、その一羽も地に落ちることはない。 またあなたがたの頭の毛までも、みな数えられている。 それだから、恐れることはない。あなたがたは多くのすずめよりも、まさった者である。(マタイ10章29-31節)...

いつまでも…

いつまでも... イエス・キリストは、きのうも、きょうも、いつまでも変ることがない。 (ヘブル13章8節) この同じ方が、過去も現在も未来も、神であられるなら、それに仕える者の生き方も同じものに変えられていく…  過去における悔い改めた生き方、現在の呼びかけに応える生き方、将来の約束の成就を待ち望みつつ歩む生き方… すべては、私たちを選び、召し、聖くして下さろうとしておられるイエス・キリストによります。...