愛の御霊に委ねて

j
2023年8月5日

八月五日 愛の御霊に委ねて (二〇一二年八月 ひとしずく八九七)

主よ、あなたはきっと、これらの人たちを愛おしく思っておられることでしょう。友人のカフェで行われたライブに誘われて、席に座って、それぞれが歌ったり踊ったりするのを見て思っていた。何で、こんなに一人一人が美しく見えるんだろう?皆がハッピーで、自由に歌っている。お互いに愛を伝えたい、友達になろうよ、という気持ちが伝わってくる。みんな素敵だなー。

神様がご自分に似せて作られたんだから。それにしても歌い方、しぐさ、話し方から一人一人全く違った性格だっていうのがわかる。神様の姿に似せて創られたっていうのは、きっとその性格性質の素敵なところ、愛すべきところなんだろうな。神様は、それぞれに与えられたユニークなところを喜んでおられる。

きっとこの一人一人が野の花のように、美しく輝く花、麗しい香りを放つ花のような存在なのだろう。その花たちが仲良く、人生を楽しむ姿は一層素晴らしいものとして神様の目に映っているんだろうな。

別れ際「私は仏教徒だけど、キリストさん大好きなんだ」と挨拶しに来てくれた人がいた。私がクリスチャンだとわかっていてそう話したと思うが、お互い通じ合うものがあるように感じているのだろう。

 主イエスは、きっとお酒も飲んだと思うし、一緒に歌をうたったと思う。

「人の子(イエス)がきて食べたり飲んだりしていると、見よ、あれは食をむさぼる者、大酒を飲む者、また取税人、罪人の仲間だ、と言う(ルカ七章三四節)」とイエス様のことを悪口を言っていた者たちがいたが、きっとイエス様は、酒に酔っぱらうことはなくても、一緒にお酒を飲むことはあったと思う。 私は音痴で皆の前で歌が歌えないし、それにお酒を勧められてもあまり飲めない。

だからそうした場では、申し訳ないなと思うけれど、少なくても、彼らの楽しんでいるのを見たり、話を聞いて幸せを頂くことはできる。 そして話を聞いていると、主がいかにその人たちの人生に働きかけられ、守られ、取りなしをされてこられたかが感じられる。 イエス様は、「わたしが愛したように、あなたがたも愛し合いなさい」と言われた。

天の父も主イエスも、この目の前にいる一人一人を愛してこられ、守られ、育て、成長させてこられた。

イエス様がそのように愛されたように、この人たちを愛するということはどういうことなのか、と思う。 私には、そんなことはできない。ただ「主よ、あなたの御霊がわたしを通して、これらの人々に触れてください」と祈るしかない。

「あなたが愛されるのを私が邪魔しませんように。あなたの愛の霊に委ねることができますように」と。

他の投稿もチェック

つながっている人々のために パート2

つながっている人々のために パート2 (2013年2月 ひとしずく1100) 原発の事故以来、度々、そこで働く作業員の過酷な労働問題が取り上げられています。以前、福島原発2号基の爆発 当時、中央制御室で働いていた人たちのドキュメンタリーをユーチューブで見ましたが、作業員が何とか爆発を防ごうと、必死になっていたのを思 い出します。SR弁というのを開いて、蒸気を逃がさないなら圧力に絶えられず、格納器が爆発してしまうという危険な事態でした。しかも、その...

つながっている人々のために

つながっている人々のために (2013年2月 ひとしずく1099)    私のある友人は、遠い第三世界の子供たちに対する熱い愛に、いつもかき立てられています。彼女の彼らに対する伝道の思いは、何十年も燃え続けて います。 日本にいるために、自らそれら貧しい子供たちに接することはできないものの、生活費 を節約し、それを子供たちの福利のために送っています。 私たちは、世界中の人たちとつながっていると言えると思います。確かに現代は、この...

十字架を負って生きる

十字架を負って生きる (2013年2月 ひとし ずく1098) いったい自分は、どんな目的のためにこの地上で生を受けたのだろうか? イエス 様は、「日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」と言われたけれど、自分の十字架とはいったい何なのだろう? これは全てのイエス様に従おうとしている人が心のどこかで抱いている疑問であると思 います。「それから、みんなの者に言われた、『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきな...