愛は力

j
2023年8月3日

八月三日 愛は力 (二〇一四年八月 ひとしずく八九五)

人の心は病苦をも忍ぶ、しかし、ひしがれた心に、だれが耐えるだろうか (箴言一八章一四節 新改)

どんな時心が、うちひしがれるだろう?

自分が愛されていないように感じる時

また自分が必要としている人が

いなくなってしまった時だろうか?

反対に、心に力が与えられるのはどんな 時だろう?

それは愛を感じた時

また愛のために生きる時

今日一日、生きる力が湧いてくる

愛することは神様の戒しめだから

人が愛の内にいる時

神様の御心にあって

神様は力と

喜びを与えてくれる

作物を一心に作る農夫の心にも

愛する人を待つ恋人の心にも

子どもを見守る親の心にも

愛が宿る

神が宿る

命が宿る

愛は神であり

神は命だから

愛のうちに生きる時

神が共におられ

命と喜びがあふれる

今日と言う日は愛するために

そして、命を喜ぶためにある

========

自分を顧みず

相手を気遣う人がいる

寄付をくれた人の

洋服に虫食いの穴があった

痛みをこらえて

病人を見舞う人がいる

相手の痛みを少しでも和らげるため

相手の人の苦しみに

共に涙する人がいる

自分の悩みも忘れて

このように

いつも神の愛は

暗闇のこの世にあって

輝いている

=========

わたしのいましめは、これである。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。(ヨハネ十五章十二節)

他の投稿もチェック

完成めざして

完成めざして それぞれ人は、完成を目指して励んでいるところがあると思います。それが医療関係の人であれ、飲食店のサービス業であれ、またスポーツの選手であれ。苦しい経験、訓練を通して人は、そこに至ります。 無駄のない動き、軽やかさ、一貫性… その人の練達ぶりから、「完成」を感じます。 これは信仰の道に導き入れられた私たちにも言えることですが、キリストを信じる信仰者の完成は、この世の人達のものと異なるところがあります。 私たちの完成は、イエス・キリストのようになることであり、信仰者それぞれを完成に至らせるのは神です。...

神に会う備え

神に会う備え 時々、立ち止まること、現場から離れることは、普段見ていない、あるいは見えてないものを見る助けになります。しかし、せっかく現場から離れても、まだ心配事が思いを駆け巡っているなら、神様が示されたいことに目が開かれないということがよくあります。私たちはそれほども日常の環境が影響を与え、神よりは自分の周りのものに影響されて生きているということです。  なかなか立ち止まることができないと、神が立ち止まらせてくれますが、痛みを伴ってということがあります。...

愛する者のためのとりなし

愛する者のためのとりなし 私が家出していた時のことは、他のところで分け合っていますが、その裏話というか、後になって近所のおばさんから聞いたお話です。 「私の旦那が仕事で函館に立ち寄った時、あんたらしい人を見たと言っていました。それであんたのお母さんに話したら、あんたのお母さんは、『そのままにしておいてあげたい』ということだった」...