愛は力

j
2023年8月3日

八月三日 愛は力 (二〇一四年八月 ひとしずく八九五)

人の心は病苦をも忍ぶ、しかし、ひしがれた心に、だれが耐えるだろうか (箴言一八章一四節 新改)

どんな時心が、うちひしがれるだろう?

自分が愛されていないように感じる時

また自分が必要としている人が

いなくなってしまった時だろうか?

反対に、心に力が与えられるのはどんな 時だろう?

それは愛を感じた時

また愛のために生きる時

今日一日、生きる力が湧いてくる

愛することは神様の戒しめだから

人が愛の内にいる時

神様の御心にあって

神様は力と

喜びを与えてくれる

作物を一心に作る農夫の心にも

愛する人を待つ恋人の心にも

子どもを見守る親の心にも

愛が宿る

神が宿る

命が宿る

愛は神であり

神は命だから

愛のうちに生きる時

神が共におられ

命と喜びがあふれる

今日と言う日は愛するために

そして、命を喜ぶためにある

========

自分を顧みず

相手を気遣う人がいる

寄付をくれた人の

洋服に虫食いの穴があった

痛みをこらえて

病人を見舞う人がいる

相手の痛みを少しでも和らげるため

相手の人の苦しみに

共に涙する人がいる

自分の悩みも忘れて

このように

いつも神の愛は

暗闇のこの世にあって

輝いている

=========

わたしのいましめは、これである。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。(ヨハネ十五章十二節)

他の投稿もチェック

つながっている人々のために パート2

つながっている人々のために パート2 (2013年2月 ひとしずく1100) 原発の事故以来、度々、そこで働く作業員の過酷な労働問題が取り上げられています。以前、福島原発2号基の爆発 当時、中央制御室で働いていた人たちのドキュメンタリーをユーチューブで見ましたが、作業員が何とか爆発を防ごうと、必死になっていたのを思 い出します。SR弁というのを開いて、蒸気を逃がさないなら圧力に絶えられず、格納器が爆発してしまうという危険な事態でした。しかも、その...

つながっている人々のために

つながっている人々のために (2013年2月 ひとしずく1099)    私のある友人は、遠い第三世界の子供たちに対する熱い愛に、いつもかき立てられています。彼女の彼らに対する伝道の思いは、何十年も燃え続けて います。 日本にいるために、自らそれら貧しい子供たちに接することはできないものの、生活費 を節約し、それを子供たちの福利のために送っています。 私たちは、世界中の人たちとつながっていると言えると思います。確かに現代は、この...

十字架を負って生きる

十字架を負って生きる (2013年2月 ひとし ずく1098) いったい自分は、どんな目的のためにこの地上で生を受けたのだろうか? イエス 様は、「日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」と言われたけれど、自分の十字架とはいったい何なのだろう? これは全てのイエス様に従おうとしている人が心のどこかで抱いている疑問であると思 います。「それから、みんなの者に言われた、『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきな...