来るべき永遠の時代のために

j
2023年9月23日

九月二三日 来るべき永遠の時代のために (ひとしずく 五九三)

 –啓発してくれるお話です–

あるお金持ちがいました。

彼は、回心して天国に行くことになりましたが、地上で貯えた金を残して行くのがどうしても惜しくて、天国の入り口で、その門番の天使に「どうか金の延べ棒のいく本かだけでも持って行かせてください」とお願いします。

天使は、あまりにも必死にお願いするので、それを天国に持って入ることを、特別許可しました。

しかし天国に足を踏み入れるや、天国の住民から、こう尋ねられたそうです。

 「それは何だい?」

 「これは金ですよ。ほら、私が地上で、生涯働いて貯えた財産です。地上では、もっとたくさん持っていたんですよ」

 「どれどれ、見せてください」

 金持ちは誇らしげにそれを見せました。

 すると天国の住民はこう言いました。「どうして、道路の敷石なんか持ってきたんだい?」

見ると天国の道は、純金で造られていて、建物はダイヤモンドやあらゆる種類の美しい宝石でできていたのでした。–お話の終わり

イザヤ二章には、来るべき時代、天国のことが書かれています。

多くの民は来て言う、『さあ、われわれは主の山に登り、ヤコブの神の家へ行こう。彼はその道をわれわれに教えられる、われわれはその道に歩もう』と。律法はシオンから出、主の言葉はエルサレムから出るからである。

彼はもろもろの国のあいだにさばきを行い、多くの民のために仲裁に立たれる。こうして彼らはそのつるぎを打ちかえて、すきとし、そのやりを打ちかえて、かまとし、国は国にむかって、つるぎをあげず、彼らはもはや戦いのことを学ばない。ヤコブの家よ、さあ、われわれは主の光に歩もう。(イザヤ二章三~五節)

 何という素晴らしい時代でしょう。人々は、主の教えを求め、その教えに生きるようになるのです。そして戦争も武器もなくなるのです。現代では、神様の存在すら否定し、人々は利己的に、好き勝手な道を歩んでいます。貧しい者、弱い者はしえたげられ、人々は互いに傷つけ合い、争いごとや戦争、そして様々な問題が絶えません。しかし、このような邪悪な時代に終止符が打たれ、イエスを信じる者には、新しい時代がやって来るのです。この世の価値観が、全く逆転するその時が。

   その日には目をあげて高ぶる者は低くせられ、おごる人はかがめられ、主のみ高くあげられる。(イザヤ二章十一節)

 私たちは、神ではなく、自分を誇るために、この世のものを何よりも価値あるものとして、求め、生きてきたことを恥じるようになるでしょう。金銭、地位、名誉、学歴、容姿、才能、知識など、自分が誇っていたこれらのものは、神に喜ばれない「しろがねの偶像」「こがねの偶像」だと知ることになり、それらのものは、主の御前で、全て捨て去ることになるのです。

その日、人々は拝むためにみずから造ったしろがねの偶像と、こがねの偶像とをもぐらもちと、こうもりに投げ与え・・・(イザヤ二章二十節)

素晴らしい永遠の天国に比べたら、この世は、ほんの一瞬に過ぎません。この世の欲にかられ、大切なこの人生を無駄に過ごすことがないように、しっかり自分の心の泉を守り、日々、永遠に続く価値あるもののために、生きることができますように。

この世とこの世のものを愛してはいけません。もしこの世を愛するならば、父の愛はその人の内にありません。すべて世にあるもの、肉の欲、目の欲、生活の誇りは父からのものでなく、この世からのものです。そしてこの世とこの世の欲とはすぎさります。しかし神の御心を行う人は永遠に生きます。(ヨハネ二章十五~十七節)

   自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。(マタイ六章十九~二一節)

わが子よ、わたしの言葉に心をとめ、わたしの語ることに耳を傾けよ。それを、あなたの目から離さず、あなたの心のうちに守れ。それは、これを得る者の命であり、またその全身を健やかにするからである。油断することなく、あなたの心を守れ、命の泉は、これから流れ出るからである。(箴言四章二〇~二三節)

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...