神は人を神の姿に造られた

j
2023年9月18日

九月十八日 神は人を神の姿に造られた (二〇一四年 ひとしずく一六九六)

 「『神は人を神の姿に造られた』ということは、人を個性をもった存在とされたということだ」という記事を読んでいました。これは、つまり神様がそうであるように、人を、考え、感じ、選択し、決断し、行動に移し、他者との関係を持ち、また関係を築く存在とされたということです。

 ですから、人によって考えが異なり、選択も行動も異なっていて当たり前なのであり、そのように一人一人を、それぞれの個性をもったユニークな存在として、神様は造られたのです。決して、他の誰かと同じようになることを創造者である神は求めておられるわけではありません。神様は、誰かの個性だけを特別であると見なしておられず、それぞれが独立した個性であると見てくださっています。そして、 私という個性と交わりたいと思ってくださり、その交わりを楽しまれるのです。

 人は、自分が勝手に造り上げたイメージという形に、自分や他の人をはめ込もうとします。そのイメージがどれだけ理想的なものであっても、神は一人一人を異なった個性として(神の姿に似せて)造られたということを覚えて、創造者の思いとご計画に目を留めるべきです。

 人は外見を見ます。そしてこうすべきだ、ああすべきだと批判したり、裁いたりします。「人は外の顔かたちを見、主は心を見る」(第一サムエル十六章七節後半)

神は私たちに考える自由、選択する自由、そして行動に移す自由を与えてくださっています。 私たちは、神様がそれほども愛してくださり、自由を与えられた存在だということを、深く考えてみるべきであると思います。

 各自が、その自由をつかって、何を考え、何を選択し、愛である神様にどれだけ従って、そのいましめである愛をどれだけ行動に移すかを、神様は見てくださっているのです。

 私たちもまた、そうした神様の愛の心と目を通して、自分という存在と、周りの人達を見ることができますように。

   神は自分のかたちに人を創造された。…神が造ったすべての物を見られたところ、それは、はなはだ良かった。(創世記一章二七節前半、三一節前半)

他の投稿もチェック

つながっている人々のために パート2

つながっている人々のために パート2 (2013年2月 ひとしずく1100) 原発の事故以来、度々、そこで働く作業員の過酷な労働問題が取り上げられています。以前、福島原発2号基の爆発 当時、中央制御室で働いていた人たちのドキュメンタリーをユーチューブで見ましたが、作業員が何とか爆発を防ごうと、必死になっていたのを思 い出します。SR弁というのを開いて、蒸気を逃がさないなら圧力に絶えられず、格納器が爆発してしまうという危険な事態でした。しかも、その...

つながっている人々のために

つながっている人々のために (2013年2月 ひとしずく1099)    私のある友人は、遠い第三世界の子供たちに対する熱い愛に、いつもかき立てられています。彼女の彼らに対する伝道の思いは、何十年も燃え続けて います。 日本にいるために、自らそれら貧しい子供たちに接することはできないものの、生活費 を節約し、それを子供たちの福利のために送っています。 私たちは、世界中の人たちとつながっていると言えると思います。確かに現代は、この...

十字架を負って生きる

十字架を負って生きる (2013年2月 ひとし ずく1098) いったい自分は、どんな目的のためにこの地上で生を受けたのだろうか? イエス 様は、「日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」と言われたけれど、自分の十字架とはいったい何なのだろう? これは全てのイエス様に従おうとしている人が心のどこかで抱いている疑問であると思 います。「それから、みんなの者に言われた、『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきな...