台風十八号

j
2023年9月11日

九月十一日 台風十八号 (二〇一四年 ひとしずく一六八八)

 昨日の午前中は、母の病院に付き添い、診察を待っている間、台風から、関東地域の人達が守られるようにお祈りしていました。呼びかけに応えてお祈りして下さった方々にも感謝です。台風は浜松あたりで上陸し、茨城の沖に抜けるという進路で、関東地域を通過し、ある地域では、浸水などの被害が報道されています。 

しかし、東京に住む友人の話によると、しばらく大雨が降り、近く の川の水が溢れ出しそうだったので、避難の荷物まとめをして、祈っていたら、急に静かになり、外を見ると、雨がやみ、明るくなっていたそうです。結局その友人の住む所では、見る見る川の水も引き、そのまま晴れて暑くなったということです。その友人は、主を賛美していました。

 また、ある人は、風で開き窓の扉が飛ばされてしまったと言っていました。しかし、こうも言っていました。「この位で済んでよかったです。きっと祈りのおかげです。ただ、もう少し注意深くなって、扉を閉めるだけではなく鍵をかけていれば良かったです。そうしていたら、扉は飛ばなかったと思います。注意深さが必要ですね。」と。

 この話を聞いて、私たちがお互いのためにお祈りしていたことで、主は大きな保護を与えてくれたものの、やはり、こうした台風などの自然の災害には、十分に気をつけるべきで、軽く見なすべきではないという教訓が与えられたと思いました。

 私たちは災害に対して、油断していたり、祈ってはみても、あまり備えていなかったり、ということがあるように思いますが、やはり、自分たちにできることはやるという、自分の分を果たすことも必要で、それも最悪のケースを考えて、備える必要があるのだと思います。

  主は、最近、土砂災害や、デング熱や毒グモ、また火山の爆発、そして今度は台風の襲来と、次々と災いを許されて、私たちが霊の内にも目を醒していることを警告しているように思えます。また同時に、私たちがこういった災害に襲われる時に、依り頼むことのできる神がおられることを思い起こさせようとされているのだと思います。

今回の台風も、ただ台風が来るのをそのまま受け止め、じっと過ぎ去るのを待っているのではなく、祈りを通して、神に介入して頂けたことを感謝します。祈るなら、私たちの思いを越えて、大変なことが起っても、 神は最善をしてくださっているということがわかります。主に感謝です。

災害のひどかった所や、亡くなった方もいらっしゃるようですが、 神が彼らを慰め、助け導いてくださいますように。

また次の台風十九号も今回と同じような進路でくる可能性があるそうですが、そのために、必死の祈りで今から備えていましょう。そして主が、私たちを含めて、この国の人たちに語られたいメッセージを受け取ることができるように祈りましょう。

主の許しなしには何一つ起らないこと、そして、主は全てのことを 愛の内になさってくださっていることを感謝します。

   詩編九一篇

いと高き者のもとにある隠れ場に住む人、全能者の陰にやどる人は主に言うであろう、「わが避け所、わが城、わが信頼しまつるわが神」と。

主はあなたをかりゅうどのわなと、恐ろしい疫病から助け出されるからである。主はその羽をもって、あなたをおおわれる。あなたはその翼の下に避け所を得るであろう。そのまことは大盾、また小盾である。

あなたは夜の恐ろしい物をも、昼に飛んでくる矢をも恐れることはない。また暗やみに歩きまわる疫病をも、真昼に荒す滅びをも恐れることはない。たとい千人はあなたのかたわらに倒れ、万人はあなたの右に倒れても、その災はあなたに近づくことはない。

あなたはただ、その目をもって見、悪しき者の報いを見るだけである。あなたは主を避け所とし、いと高き者をすまいとしたので、災はあなたに臨まず、悩みはあなたの天幕に近づくことはない。

これは主があなたのために天使たちに命じて、あなたの歩むすべての道であなたを守らせられるからである。彼らはその手で、あなたをささえ、石に足を打ちつけることのないようにする。あなたはししと、まむしとを踏み、若いししと、へびとを足の下に踏みにじるであろう。

彼はわたしを愛して離れないゆえに、わたしは彼を助けよう。彼はわが名を知るゆえに、わたしは彼を守る。彼がわたしを呼ぶとき、わたしは彼に答える。わたしは彼の悩みのときに、共にいて、彼を救い、彼に光栄を与えよう。わたしは長寿をもって彼を満ち足らせ、わが救を彼に示すであろう。

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...