私たちの望みは主にあり

j
2023年5月6日

五月六日 私たちの望みは主にあり (二〇一二年五月 ひとしずく八一〇)

 信心があって足ることを知るのは、大きな利得である。わたしたちは、何ひとつ持たないでこの世にきた。また、何ひとつ 持たないでこの世を去って行く。(第一テモテ六章六、七節)

これは先日聖書を読んでいて、改めて心に響いた言葉です。
 一般的に、私たちのこの地上での煩いの大半は、物(お金)を持っていること、持っていないこと、あるいはもっと多くなる こと、少なくなること、の心配であるように思えます。しかし、それらの物は、死という境界線を越えては何一つ天に持って行くことができな いものです。

 上記の聖句の続きには、こうあります。
「ただ衣食があれば、それで足れりとすべきである。
 富むことを願い求める者は、誘惑と、わなとに陥り、また、人を滅びと破壊とに沈ませる、無分別な恐ろしいさまざまの情欲 に陥るのである。
 金銭を愛することは、すべての悪の根である。ある人々は欲ばって金銭を求めたため、信仰から迷い出て、多くの苦痛をもっ て自分自身を刺しとおした。」(第一テモテ6:8-10)

 それらの地上の物を追い求める代わりに、使徒パウロは本当に求めるべきものを、テモテに示してしています。
 「・・・神の人よ。・・・義と信心と信仰と愛と忍耐と柔和とを追い求めなさい。信仰の戦いをりっぱに戦いぬいて、永遠のいのちを獲得し なさい。」(第一テモテ6:11-12)

 主は、私たちがこの地上で肉体を持っており、食べていかなければならず、生活するための様々な必要があることをご存知で す。そして主は、その世話をされると約束して下さっています。(マタイ6:25-32)
 しかし、人は主の世話に信頼するよりも、やはり、目に見える物やお金に信頼を寄せてしまう弱さがあります。財産が増える と自分の生活が安泰で、保証されていると思うのです。聖書に出てくるある金持ちの男のように。

彼は、その年、倉に入りきらないほどの穀物を収穫し、さらに新しい倉を建て、それを自分の将来のために貯蓄 しようと考えていました。そして、これで当分は楽して食べて暮らせると満足していたのでした。しかし神は『愚かな者よ、あなたの魂は今夜 のうちにも取り去られるであろう。そしたら、あなたが用意した物 は、だれのものになるのか』。(ルカ12:20)と言って、彼の命を取り去られた のでした。

 何に頼っているかによって、人生の質は大きく異なってきます。それには、貧富は関係ないと思います。人は大金を持つとそ の本質がわかるといいますが、貧しくてもやはりその本質がわかるものです。何も持たない状態でも、明日のことを煩わず、ひたすら与え続け る人もいれば、明日のことばかり思い煩ってやつれてしまう人もいます。そして有り余るほどの財産を持っていても、それが減ることを心配して眠ることさえできない人もいれば、惜しみなくそれ を人々に分け与える人もいるのです。

「…たよりにならない富に望みをおかず、むしろ、わたしたちに すべての物を豊かに備えて楽しませて下さる神に、のぞみをおくように、また、良い行いをし、良いわざに富み、惜しみなく施し、人に分け与えることを喜び、こうして、真のいのちを得るために、未来に備えてよい土台を自分のために築き上げるように、命じなさい。」(第一テモテ六章十七~十八節)

 私たちが地上にいる間、神様の意思を行うために、自分の持っている物やお金を役立てるのは良いことです。しかし、心があまりにも物やお金に執着し、その追求に囚われるなら、物やお金の奴隷にさせられてしまいます。それは、目をさまして祈っていないなら、誰でも簡単に誘惑され、陥りやすい罠だと思います。
 主は、かけがえのない命を与える真理の水を、全ての人に惜しみなく与えておられます。しかし、その価値を十分わかっていないなら、他のものを求め始めてしまうのです。

主こそ、私たちの一生をご存知の方であられ、地上の日数を数えておられる方です。その方に目を留め、耳を傾け従う事以上に、大切なことなどあるでしょうか?

 「さあ、かわいている者はみな水にきたれ。金のない者もきたれ。来て買い求めて食べよ。あなたがたは来て、金を出さずに、 ただでぶどう酒と乳とを買い求めよ。
 なぜ、あなたがたは、かてにもならぬもののために金を費し、飽きることもできぬもののために労するのか。わたしによく聞き従え。そうすれば、良い物を食べることができ、最も豊かな食物で、自分を楽しませることができる。
 耳を傾け、わたしにきて聞け。そうすれば、あなたがたは生きることができる。わたしは、あなたがたと、とこしえの契約を立てて、ダビデに約束した変らない確かな恵みを与える。」(イザヤ五五章一~三節)

 どうか、私たちの心が虚しいものに囚われることから解放され、「すべての物を豊かに備えて楽しませて下さる神に、のぞみをおく」ことができますように。主の祝福があなたにありますように!

他の投稿もチェック

つながっている人々のために パート2

つながっている人々のために パート2 (2013年2月 ひとしずく1100) 原発の事故以来、度々、そこで働く作業員の過酷な労働問題が取り上げられています。以前、福島原発2号基の爆発 当時、中央制御室で働いていた人たちのドキュメンタリーをユーチューブで見ましたが、作業員が何とか爆発を防ごうと、必死になっていたのを思 い出します。SR弁というのを開いて、蒸気を逃がさないなら圧力に絶えられず、格納器が爆発してしまうという危険な事態でした。しかも、その...

つながっている人々のために

つながっている人々のために (2013年2月 ひとしずく1099)    私のある友人は、遠い第三世界の子供たちに対する熱い愛に、いつもかき立てられています。彼女の彼らに対する伝道の思いは、何十年も燃え続けて います。 日本にいるために、自らそれら貧しい子供たちに接することはできないものの、生活費 を節約し、それを子供たちの福利のために送っています。 私たちは、世界中の人たちとつながっていると言えると思います。確かに現代は、この...

十字架を負って生きる

十字架を負って生きる (2013年2月 ひとし ずく1098) いったい自分は、どんな目的のためにこの地上で生を受けたのだろうか? イエス 様は、「日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」と言われたけれど、自分の十字架とはいったい何なのだろう? これは全てのイエス様に従おうとしている人が心のどこかで抱いている疑問であると思 います。「それから、みんなの者に言われた、『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきな...