主に委ねる

j
2022年11月18日

「ひとしずく」ーひと昔編

複雑な人間関係、仕事、病気、また将来への不安など、私たちには数え切れないほどの心配事、悩み事があります。しかし、そういう時、私たちはただ主に向きなおり、自分で抱え込んでいるものを手放して、こう言えばいいのです。

「主よ、あなたにお返しします。あなたにお任せします。あなたが私を愛しておられることを知っていますし、最善のことをなしてくださると信頼します」と。

すると、不思議と心に平安が宿るのです。
 物事は、自分が必死に求めていた通りになるわけでもなく、また現状が変わるわけでもなく、むしろ自分が願っていたのとは全く反対の結果になったとしても、主が自分に御手を置いていて下さり、主が業をなそうとしておられるのだとわかると、神様が最善をしてくださるという平安が持てるのです。
 主の御声に従う時はたいていそうです。主に従うのは、自分にとって損のように思えたり、面倒で無駄なことのように思えることもあります。しかし、自分の最善を尽くして、主に従うということができたのであれば、全てのことは必ず益となると信頼できるのです。
 天地の創造者であり、また知恵ある方の導きに従おうとした人の心を、主は見ておられます。自分は正しく主から聞けていないかもしれません。しかし、主の最善を求めているなら、主は、私たちの思いを修正するために引き続き働きかけて、語りかけて下さると思います。そして、私たちの、主を求める心を顧みてくださると信じます。

 だから、今、心配事に対して、何でも分析しようとしてしまう疲れた頭と思いを静めて、全てを主に委ねましょう。そして、主の御声に耳を傾けましょう。
 箱船を造ったノアのように、自分が全く予想もできなかった主のご計画に、静かに耳を傾ける心を主に願い求めましょう。

あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ、主はそれをなしとげ、・・・

詩篇三七篇五節

あなたの荷を主にゆだねよ。主はあなたをささえられる。主は正しい人の動かされるのを決してゆるされない。

詩篇五五篇二二節

わたしは信じます、生ける者の地でわたしは主の恵みを見ることを。主を待ち望め、強く、かつ雄々しくあれ。主を待ち望め。

詩篇二七篇十三、十四節

他の投稿もチェック

つながっている人々のために パート2

つながっている人々のために パート2 (2013年2月 ひとしずく1100) 原発の事故以来、度々、そこで働く作業員の過酷な労働問題が取り上げられています。以前、福島原発2号基の爆発 当時、中央制御室で働いていた人たちのドキュメンタリーをユーチューブで見ましたが、作業員が何とか爆発を防ごうと、必死になっていたのを思 い出します。SR弁というのを開いて、蒸気を逃がさないなら圧力に絶えられず、格納器が爆発してしまうという危険な事態でした。しかも、その...

つながっている人々のために

つながっている人々のために (2013年2月 ひとしずく1099)    私のある友人は、遠い第三世界の子供たちに対する熱い愛に、いつもかき立てられています。彼女の彼らに対する伝道の思いは、何十年も燃え続けて います。 日本にいるために、自らそれら貧しい子供たちに接することはできないものの、生活費 を節約し、それを子供たちの福利のために送っています。 私たちは、世界中の人たちとつながっていると言えると思います。確かに現代は、この...

十字架を負って生きる

十字架を負って生きる (2013年2月 ひとし ずく1098) いったい自分は、どんな目的のためにこの地上で生を受けたのだろうか? イエス 様は、「日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」と言われたけれど、自分の十字架とはいったい何なのだろう? これは全てのイエス様に従おうとしている人が心のどこかで抱いている疑問であると思 います。「それから、みんなの者に言われた、『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきな...