主に委ねる

j
2022年11月18日

「ひとしずく」ーひと昔編

複雑な人間関係、仕事、病気、また将来への不安など、私たちには数え切れないほどの心配事、悩み事があります。しかし、そういう時、私たちはただ主に向きなおり、自分で抱え込んでいるものを手放して、こう言えばいいのです。

「主よ、あなたにお返しします。あなたにお任せします。あなたが私を愛しておられることを知っていますし、最善のことをなしてくださると信頼します」と。

すると、不思議と心に平安が宿るのです。
 物事は、自分が必死に求めていた通りになるわけでもなく、また現状が変わるわけでもなく、むしろ自分が願っていたのとは全く反対の結果になったとしても、主が自分に御手を置いていて下さり、主が業をなそうとしておられるのだとわかると、神様が最善をしてくださるという平安が持てるのです。
 主の御声に従う時はたいていそうです。主に従うのは、自分にとって損のように思えたり、面倒で無駄なことのように思えることもあります。しかし、自分の最善を尽くして、主に従うということができたのであれば、全てのことは必ず益となると信頼できるのです。
 天地の創造者であり、また知恵ある方の導きに従おうとした人の心を、主は見ておられます。自分は正しく主から聞けていないかもしれません。しかし、主の最善を求めているなら、主は、私たちの思いを修正するために引き続き働きかけて、語りかけて下さると思います。そして、私たちの、主を求める心を顧みてくださると信じます。

 だから、今、心配事に対して、何でも分析しようとしてしまう疲れた頭と思いを静めて、全てを主に委ねましょう。そして、主の御声に耳を傾けましょう。
 箱船を造ったノアのように、自分が全く予想もできなかった主のご計画に、静かに耳を傾ける心を主に願い求めましょう。

あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ、主はそれをなしとげ、・・・

詩篇三七篇五節

あなたの荷を主にゆだねよ。主はあなたをささえられる。主は正しい人の動かされるのを決してゆるされない。

詩篇五五篇二二節

わたしは信じます、生ける者の地でわたしは主の恵みを見ることを。主を待ち望め、強く、かつ雄々しくあれ。主を待ち望め。

詩篇二七篇十三、十四節

他の投稿もチェック

完成めざして

完成めざして それぞれ人は、完成を目指して励んでいるところがあると思います。それが医療関係の人であれ、飲食店のサービス業であれ、またスポーツの選手であれ。苦しい経験、訓練を通して人は、そこに至ります。 無駄のない動き、軽やかさ、一貫性… その人の練達ぶりから、「完成」を感じます。 これは信仰の道に導き入れられた私たちにも言えることですが、キリストを信じる信仰者の完成は、この世の人達のものと異なるところがあります。 私たちの完成は、イエス・キリストのようになることであり、信仰者それぞれを完成に至らせるのは神です。...

神に会う備え

神に会う備え 時々、立ち止まること、現場から離れることは、普段見ていない、あるいは見えてないものを見る助けになります。しかし、せっかく現場から離れても、まだ心配事が思いを駆け巡っているなら、神様が示されたいことに目が開かれないということがよくあります。私たちはそれほども日常の環境が影響を与え、神よりは自分の周りのものに影響されて生きているということです。  なかなか立ち止まることができないと、神が立ち止まらせてくれますが、痛みを伴ってということがあります。...

愛する者のためのとりなし

愛する者のためのとりなし 私が家出していた時のことは、他のところで分け合っていますが、その裏話というか、後になって近所のおばさんから聞いたお話です。 「私の旦那が仕事で函館に立ち寄った時、あんたらしい人を見たと言っていました。それであんたのお母さんに話したら、あんたのお母さんは、『そのままにしておいてあげたい』ということだった」...