神様の下さる変化

j
2022年11月17日

「ひとしずく」ーーひと昔編

変化に対して硬直した態度をとってしまうということは

老化のしるしだと思う

良いものは変わらないでいてほしいと思うけれど

本当に変わらないものは、霊の世界にある

天の美しさは、老化しない

地上でもその美しさをかいま見させて頂ける

人に花に、また山河に神の聖なる性質が反映している

人や物や場所自体がその光を持っているのではない

それを照らし輝かせ命を与える神の愛があって初めて輝く

だから神様が、私たちに動き変化をするように促す時

それと共に動くことにしよう

神様が私たちの前にもたらして下さった変化を

神様の愛として受け入れよう

そんな私たちに、

神様は、必ず最善をもたらしてくださるだろう

時には、受け入れ難い大きな変化もあると思いますが、私たちはただ主に信頼し、その変化を受け入れる信仰を主に求めて、 主の導くままに進んで行きます。

その先に、主はいつも最高のものを、私たちのために用意して下さっているのですから。


彼らは変化がないので、神を恐れない。(詩篇五五篇十九節後半)

わたしは新しい心をあなたがたに与え、新しい霊をあなたがたのうちに授け、あなたがたの肉から石の心を除いて、肉の心を与える。(エゼキエル三六章二六節)

誰も新しいぶどう酒を、古い皮袋にいれはしない。もしそんなことをしたら、その皮袋は張り裂け、酒は流れ出るし、皮袋も無駄になる。だから新しいぶどう酒は、新しい皮袋に入れるべきである。そうすれば両方共長持ちがするであろう。(マタイ九章十七節)

わたしたちはみな、顔おおいなしに、主の栄光を鏡に映すように見つつ、栄光から栄光へと、主と同じ姿に変えられていく。これは霊な主の働きによるのである。 (第二コリント三章十八節)

イエス・キリストは、 きのうも、今日も、いつまでも変わることがない。(ヘブル十三章八節)

他の投稿もチェック

信じて求める

 信仰の歩みはこの世の尺度で測れないし、計算できるものではない。そしてうまい計略が通用するものでもない。  神の導きに信頼して、一歩踏み出したら、わき目をふらずに歩んだらいい。(創世記19章15節)  ロトの妻は、振り返って塩の柱にされてしまった。(創世記19章26節)  私は明日のことを知らない。神は時間を超えておられる。だから神の言われたことに信頼して従う。行先を知っておられる方が導かれるから。(ヘブル11章8節)  私たちに良いわざを始められた方が、その日までに完成してくださるのだから。(ピリピ1章6節)...

悪霊との戦い

悪霊との戦い 時には、悪霊との闘いが長く続くように思える時があります。しかし、戦いは、必ず、終わります。神の許しがなければ、神の愛する者には、何一つ起こりません。 神が小さなスズメを気遣っておられるなら、私たち悪霊に悩まされている者はなおさらです。 二羽のすずめは一アサリオンで売られているではないか。しかもあなたがたの父の許しがなければ、その一羽も地に落ちることはない。 またあなたがたの頭の毛までも、みな数えられている。 それだから、恐れることはない。あなたがたは多くのすずめよりも、まさった者である。(マタイ10章29-31節)...

いつまでも…

いつまでも... イエス・キリストは、きのうも、きょうも、いつまでも変ることがない。 (ヘブル13章8節) この同じ方が、過去も現在も未来も、神であられるなら、それに仕える者の生き方も同じものに変えられていく…  過去における悔い改めた生き方、現在の呼びかけに応える生き方、将来の約束の成就を待ち望みつつ歩む生き方… すべては、私たちを選び、召し、聖くして下さろうとしておられるイエス・キリストによります。...