職場での感謝

j
2022年11月15日

「ひとしずく」ーーひと昔編

感謝されることは人間に必要なものの一つです。できればあったらいいというものではなく、幸福と成功のために、誰もが必要とするものです。

どんな状況でもそうですが、それが一番はっきりするのは職場なのではないでしょうか。同僚や上司に心から感謝されていると感じると、より優れた仕事をして貢献し、「チーム・プレイヤー」として頑張るものです。

 チームメンバー間で互いへの感謝の気持ちが行き交っていると、勝利チームとなる可能性がかなり高まります。感謝というのは、人々の最善を引き出す力を持っているからです。もっとやろう、もっと頑張ろう、もっと貢献しようという気持ちにさせ、もっと出来るに違いないと考えるようになります。そして、自分の役割に満足感を覚えるのです。チームの誰もが互いに感謝し、敬意を払い、信頼を示すならば、全体としての生産性やチームの幸せ度は倍増します。

 同僚に感謝する時間をとることは、確実にあなたにとって有利に働きます。感謝とは愛の形であり、愛は、それを与えた人のところに戻ってくるので、あなたはより幸せになるのです。感謝を受けた人も、より幸せになります。それによって人生が明るくなるからです。誰もが他の人に感謝を示すなら、職場はより幸せな場所となり、誰もがより良く働き、より多くのことを達成できるようになるでしょう。

 互いについてプラス思考でいるのは良い出発点ですが、そのプラスの思いを口にせず、表現しないなら誰にも何の役にも立ちません。相手が自分の考えていることを読みとってくれると期待することはできません。私たちは、その思いを言葉や行動に移さなければならないのです。

 お互いに感謝できることはたくさんあるものですが、もっと近くなり、もっと深いレベルで話をするようになるには努力を要します。明らかに自分のためになっていることについて感謝するだけでなく、もっと深いレベルで感謝するようにしましょう。たとえば、相手に興味を示し、その人のユニークな特質に気づいてあげることは、その人にとってとても意味あることです。そうやって、感謝をより深いレベルのものとするのです。

 過去に何かの理由で、心からの感謝をいつも示すのが難しかったとしても、今日、それを口にし始めることによって、他の人の最善を引き出すことができるでしょう。

最後に、兄弟たちよ。すべて真実なこと、すべて尊ぶべきこと、すべて正しいこと、すべて純真なこと、すべて愛すべきこと、すべてほまれあること、また徳といわれるもの、称賛に値するものがあれば、それらのものを心にとめなさい。

ピリピ四章八節

他の投稿もチェック

主が共におられる

ひとしずく799-主が共におられる 時々、試練の最中にあると、主は共にいてくださらないように感じることがありませんか?そして、主が共にいてくださるのなら、こんな災難や試練が起こるわけがないし、起こったとしてもすぐに助け出してくださるはずだと、不平と疑いを抱いてしまうことが・・・。 旧約聖書にあるヨセフの話はとても興味深いものです。...

義に飢え渇く者

ひとしずく1559-義に飢え渇く者 (2014年配信) 最近、Dさんに十何年かぶりに再会しました。今、彼は単身赴任 で、福島の相馬で働いています。以前、私たちの聖書クラスに来ていましたが、彼が九州に引っ越しして以来、会う機会はありませんでした。 しかし、彼が東北に来て、先月から月に 一回、私が那須にいる時に、聖書を一緒に学ぶために、彼は公休日前の日に一泊の泊りがけで相馬から那須にやってきます。仕事が終わってか ら車で来るので、那須に到着するのが夜の9時...