御心でしたら

j
2022年11月14日

「ひとしずく」ーーひと昔編

人は、簡単に苛立ち忍耐を切らす

神に対してさえ苛立つ

神であるあなたがいるのに

あなたはどうしてこんなことが起こるのを許されるのかと。

しかし、神は人が苛立つからといって思いを変えられるだろうか?

人が忍耐を切らして怒りを爆発するのを恐れて

その願いを聞いてやらなければならないと思われるだろうか?

全てを知らないのは私たちであって、神ではない

ヨブが、試練を通過していた時

「神よあなたには目がないのか、耳がないのか、

わたしがそんなに悪くないのを知らないのか」と叫んだ

主はヨブが自分の正しさを主張するのを止めるまでヨブを癒すことも、

栄えさせることもされなかった

神様はどうして

不信感を持ち、不平不満でいっぱいの心を持っている人の

願いを聞かれなければならないのか

私たちは塵から造られた者であるが

神様は、人の手で造り上げられた方ではない

また、こちらが造り出した条件を

呑み込まなればならない立場のお方でもない

借りを持っているのは私たちであって神様ではない

私たちが罪人で

神を神とも思わず自分勝手な道を歩んでいるにも拘わらず

神は、罪によって、不義の泥沼と化したこの世に

救い主を送られ、その命を与えてくださった

あれをせよ、これをせよと言うのを止めて

まず神の御声に耳を傾けよう

神の御前に静まろう

神への賛美が心に沸き上がるまで

自分のためではなく、

 苦しむ人のために 

自分の力ではなく

 神様の力によって 

自分の栄光のためではなく 

神の栄光のために 

嘆願し、 とりなす人の 

小さな 隠れた祈り 

神様は、 そのような祈りを 

聞かれる 

イエスのもとに行き 

「主よ、御心でしたら」と 

とりなす人の声がある 

神様が 

その隠れた施しに報われ  

今日もまた 

その恵み深さを 

味わい知る人がいる

主によって喜びをなせ。主はあなたの心の願いをかなえられる。

詩篇三七篇四節

静まって、わたしこそ神であることを知れ。わたしはもろもろの国民のうちにあがめられ、全地にあがめられる

詩篇四六篇十節

イエスが山をお降りになると、おびただしい群衆がついてきた。すると、そのとき、ひとりの重い皮膚病人がイエスのところにきて、ひれ伏して言った、『主よ、みこころでしたら、きよめていただけるのですが』。イエスは手を伸ばして、彼にさわり、『そうしてあげよう、きよくなれ』と言われた。すると、重い皮膚病は直ちにきよめられた。

マタイ八章一~三節

「父よ、みこころならば、どうぞ、この杯をわたしから取りのけて ください。しかし、わたしの思いではなく、みこころが成るようにしてください」

ルカ二二章四二節

他の投稿もチェック

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む (このお話は2014年に書かれたものであることをお伝えします。) 私たちは、自宅から車で一時間ほど行った町に、ひと月に一度かニ度買い物に出かけるのですが、私たちの場所から十キロメートルも車を走らせると、そこはもう雪が全く見当たらない別世界となります。昨日も、母を病院の定期検診と買い物に連れて行ったのですが、いかに自分たちの所が他に比べると雪が多い地域かということがわかります。...

ひとしずく1515-神の見解 

ひとしずく1515-神の見解  神と私たち人間との見解は異なります。私たちはそのことを踏まえて、もっと自分の考えにとらわれず神様の見解を求める必要があると思います。改めて聖書が示す神の見解を心に刻む事ができますように。 主はサムエルに言われた、「顔形や、身のたけを見てはならない…わたしが見るところは人とは異なる。人は外の顔形を見、主は心を見る」(サムエル記上16:7) イエスは答えて言われた、「天地の主なる父よ、あなたに感謝します。これらのことを知恵のある者や、賢い者に隠して幼な子に現してくださったからです。」(マタイ11:25)...

ひとしずく1514-選択という賜物

ひとしずく1514-選択という賜物   あなたは神様の御心を知っていますか?神様の御心、それは、私たちがいつも神様の近くに住まい、神の御顔を仰ぎ、愛し、どんな状況にあっても神様の約束を固く信じ、賛美しつつ御言葉に従って生きることです。しかし、神様は、そんな御自分の思いを押しつけたりせず、私たちの自由意志を尊重し、選択と言う賜物を与えてくださっています。何と深い愛だろうと思います。その神の御姿は、放蕩息子の父親の姿で表されています。  ...