神様の大きな愛の中で

j
2024年6月2日

ひとしずく839-神様の大きな愛の中で

神様の愛はどれだけ大きいか?
私に永遠の命を下さるほど大きい
私の人生は、神様の永遠のご計画の中にある
この地上の命が終わって霊の命によみがえる時

そこにはすでに新しい世界が用意されている
地上での様々な体験は

永遠の尽きる事のない変化と発見と

新しい体験をちょっと味わうようなもの

天で私たちのために用意されている

突拍子もないことのために

私たちの心と霊を備えようと主は

次から次へと刺激あるチャレンジと

新しい開拓地へと進ませてくれる

今は永遠につながっており、
永遠は今につながっている
今の私の反応

今の私の従順
今の私の信仰
今の私の愛が
永遠の私の人生に反映する

永遠の私の人生は
幸福と愛に満ちたものであると知っている
なぜなら、この全てを計画されたのは愛の神様だから

イエスは私を、その血によって救い
私の人生を愛で満たしてくださり、
真に生きる者となるようしてくださった
イエスは命の君であり
とこしえに神であられる方
死も罪も試練も
彼の聖さと真実と愛の光を
曇らせることはできない

私は、こんなにも大きな

神さまの愛の中に生かされている!

「神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。」(ヨハネ3:16

「わたしたちを愛し、恵みをもって永遠の慰めと確かな望みとを賜わるわたしたちの父なる神」(第二テサロニケ2:16

「わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して下さって、わたしたちの罪のためにあがないの供え物として、御子をおつかわしになった。ここに愛がある。」(第一ヨハネ4:10

他の投稿もチェック

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)  私たちは、霊の戦いに従事していることになっています。しかし、霊の戦いであるのに、霊の武器を十分ふるっていない時があると思います。主は霊の戦いを通して、その戦いをどのように戦うかを教えておられるのだと思います。戦い方は、戦うことを重ねてしか練達しません。  イエスがゲラサの地で会われた男の人、彼は大勢の悪霊につかれていました。...

ゴメンなさい

ゴメンなさい 昨日、大豆とオクラの混作している畝の脇に生えている草を草刈り機で刈っていた時、自分では注意していたつもりでも、オクラの苗の葉っぱを切っていたことがわかりました。娘がそれらの草と一緒に切り取られた小さな葉っぱを手に取り上げて、悲しんでいたのは言うまでもありません。最近は、大体、娘が種から苗を育てています。  私は、「ごめん。気をつてたけど。見えなかった…」...

このために…

このために… 夕暮になり日が沈むと、人々は病人や悪霊につかれた者をみな、イエスのところに連れてきた。 こうして、町中の者が戸口に集まった。 イエスは、さまざまの病をわずらっている多くの人々をいやし、また多くの悪霊を追い出された。また、悪霊どもに、物言うことをお許しにならなかった。彼らがイエスを知っていたからである。 朝はやく、夜の明けるよほど前に、イエスは起きて寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。 すると、シモンとその仲間とが、あとを追ってきた。 そしてイエスを見つけて、「みんなが、あなたを捜しています」と言った。...