死ぬために生きる

ひ としずく369-死ぬために生きる

「死」について、どう考えていますか?とある人から尋ねられました。癌で、 医師から余命がどれくらいであるかを宣告された人でした。
そ の方は医学治療はしておらず、自分で食べ物から、日常生活のあらゆることまでいろいろ考えて生活していて、いつも死を意識して生きて おられるということでした。そして、癌とわかってからは毎日を大切にして生きているので、かえって良かったとも言っていました。

私はその方に「死」について最近考えていたことをこんな風に話しました。
「『人 は死ぬために生きている』のだと思います。ちょうど、小学生であるなら、小学校の卒業をゴールとし、それを目指して生きるようにで す。そしてその卒業を終 えたら、新しいコースが待っています。イエス様は、自分の命を与えるために来られました。そして人に仕え、ご自分の体を罪の赦しのた めに捧げるという、 地上での最後の務め、「死」を目指して生きられました。ですから、イエス様を信じる私達も同じだと思うのです」と。

そうです。私たちは皆、「死」に向かって生きているのです。そのゴールが早いか遅いかは人それぞれです。人は長く生きたいと思うで しょうが、その思いとは関係なく神様の御心の時に、私たちはこの人生を卒業し、天国と言う素晴らしい世界へと招待されるのです。

卒業は全ての人に訪れます。そして卒業の仕方もまた人それ ぞれでしょう。しかし大切なのは、卒業までの期間をどのように日々生きるか、あるいはどのように日々死ぬかということではないかと思 います。

主は、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の 十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」(ルカ9:23)
と 言われました。十字架とは自分を磔にする死刑道具です。その十字架を負うて主に従うとは、日々自分に死んで、イエス様に心と霊を支配 してもらい、主と共に生きるということです。

それによって、か えって私達は命を得、真に生きることになります。そして命は私達の内にとどまるだけでなく、他の人にも及ぶようになります。

「自分の命を得ている者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、 かえってそれを得るのである」(マタイ10:39)

「こうして死は私達の内に働き、いのちはあなたがたの内に働くのであ る」(第二コリント4:12)

で すから、「死に直面して生きる」というのは素晴らしいことです。どのように生きるべきかということに真剣になるからです。余命いくば くかを宣告されていな いにしても、「死」は突然やってくるかも知れません。誰もが今日が人生最後の日であるかのように、生きられたなら晴らしいことです。 本来私たち はそうあるべきなのだと思うのです。

「兄 弟たちよ….わたしは日々死んでいるのである」(第一コリント 15:31)

他の投稿もチェック

力は主にある

力は主にある 人生は旅。クリスチャンにとっては、巡礼の旅です。どこに向かっているかというと天にあるふるさとです。主からの任務を果たしつつ歩んでいく荒野の旅です。  信者が聖書の真理に立って、信仰に生きようとする際、この世はそれに対してあらゆる面で立ちはだかってきますので、荒野というのがふさわしいです。荒野は、供給においても、保護においても、また子供を世話し、家族を守るにも、ただ神に頼るしかない困難な場所です。しかし神がおられるなら、そこは祝福の場所となります。...

荒野で…

荒野で… 荒野にいるから、大いなる都がどんなものか見えてくる レールから外れて、はじめてレールの上をがむしゃらに走ることがどんなものか見えてくる 自国から離れて、はじめて自国が見えてくる 村八分にされて、はじめてその村が見えてくる 辱めを負って、はじめてあざける者の座に座らぬ者の幸いを知る 悪霊に悩まされて、はじめて解放の喜びを知る イエスは、 神であられることを捨てて、肉をまとわれた神だから...

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)  私たちは、霊の戦いに従事していることになっています。しかし、霊の戦いであるのに、霊の武器を十分ふるっていない時があると思います。主は霊の戦いを通して、その戦いをどのように戦うかを教えておられるのだと思います。戦い方は、戦うことを重ねてしか練達しません。  イエスがゲラサの地で会われた男の人、彼は大勢の悪霊につかれていました。...