たとい罪は緋のようであっても

ひとしずく363-たとい罪は緋のようであっても (2011年2月)

今日はまた雪になり、我が家の周り全てを覆っています。全くの白の世界です。連日の暖かい陽射しで、辺り一帯の雪も解け、ちょっと春らしくなったなと思っていた矢先のことでした。

しかし、雪が降ってちょっとほっとした気持ちもありました。明後日には、私達の家に何年来の友人が訪ねて来ます。どう見ても、雪解けの我が家の庭は、きれいとは言えない状態でした。ぬかるんだ土の庭にあちこち枯れた草が倒れていて、私たちの手入れ不行き届きが丸見えなのです。でもどうすることもできずあきらめてい ました。

今、雪に覆われた庭は、まるで別の庭のように美しく見えます。雪が、いえ、神様が私達の失敗や至らなさを、きれいに真っ白のベールで覆って下さったのです。

「たといあなたがたの罪は緋のようであっても、雪のように白くなるのだ。」(イザヤ1:18)聖書の言葉が思い浮かびます。

私達は過去の失敗から学ぶことはできますが、それを何もなかったかのように消し去ることはできません。しかし主は、励ましに満ちておられ、「さあ、過去を見つめるのはもういいから、私に任せなさい。あなたの失敗や罪を全て私の愛で覆ってあげるから。あなたはもう生まれ変わったのだよ。新しい人生を歩み始めなさい。 」と言われるのです。それも主は、新しいスタートを何度でも与えて下さるのです。

主がひらひらと天から送って下さる雪を見ながら、主は私の人生においても、何度新しくやり直すチャンスを与えてきて下さったことかと、主の恵み深さを考えていました。たとい私の罪が緋のようであっても、主の恵みは今日も、そしてこれからも永遠に、この雪のように白く覆い続けて下さるでしょう。

「わたしこそ、わたし自身のためにあなたのとがを消す者である。わたしは、あなたの罪を心にとめない」(イザヤ43:25)

「…わたしを洗ってください、わたしは雪よりも白くなるでしょう。

わたしに喜びと楽しみとを満たし、あなたが砕いた骨を喜ばせてください。み顔をわたしの罪から隠し、わたしの不義をことごとくぬぐい去ってください。神よ、わたしのために清い心をつくり、わたしのうちに新しい、正しい霊を与えてください。」(詩篇51:7-10)

「だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである」(2コリント 5:17)

他の投稿もチェック

命あるうちに

ひとしずく1507--命あるうちに (2014年配信のひとしずく再配信)...

隣 り人を愛する

ひとしずく1505-隣 り人を愛する 今日は、午後からの自治会に参加させて頂きました。会計報告や行事予定などについての話がありましたが、そうした中で、村としてお互いを助け合うことの大切さが話に出ました。 最近村であった出来事が話題にのぼりました。それは、80歳代の一人暮らしの高齢者が、脱水症状で倒れてしまったのです...

世から選び出された者として

ひとしずく1504- 世から選び出された者として 自分たちの考え方が、この世の 考え方と異なるとわかったからと言って、自分たちが間違っているかもしれないと早合点するべきではありません。私たちはこの世とは異なっ て当然であり、異なるように造られ、選ばれているのですから。  イエス様はこの世と私たちの関 係について、聖書のヨハネの福音書の中で、私たちに警告を与えています。  「もしこの世があなたがたを憎 むならば、あなたがたよりも先にわたしを憎んだことを、知っておく...