主を宣べ伝える

j
2024年3月14日

ひとしずく1498-主を宣べ伝える

 数人の人たちに見てもらい、今日いくつか訂正を加えて、トラクトを仕上げました。
 どうにかして、主の愛を知って頂きたいと思いトラクトにしたわけですが、初めは何かしっ かりと主の愛が伝わらないので、どこを直せばよいか考え祈っていました。主は、他の人の提案の言葉をも使って、訂正に取り組むように示さ れました。結局、私が、もっと謙遜になって、自分がいかに罪深く、間違いに満ちていた人間だったか、そして主がいかに自分に憐れみを垂れ てくださったかということを伝えないなら、私の本当に伝えるべきことが伝わらないということに気づきました。
 あの聖書に記されている盲人が証ししたように、「以前は見えなかったが、今は見えるので す。イエス様のおかげで!」という証言こそが、私たちにとっての最高の証しだと思います。このトラクトは、相手に説教するためのもので も、また、もちろん自分を高めるためのものでもなく、私に対して主イエス様がどれだけ恵み深くしてくださったかを伝えるのが目的であり、 このイエス様は、 あなたをも同じように、愛し、赦し、救ってくださるのですよ、というメッセージを伝えるた めのものです。ですから、自分の不完全さ、罪深さが正直に述べられていなければならないのです。それによって、栄光が主に帰されるのです から。こんなひどいやつが赦されるのだったら、自分も赦し救ってもらえるなと人々が思えたら、その目的は果たせるわけです。

証しは、イエス様を高めることです。ちょうどバプテスマのヨハネの任務がイエス様を指し示 すことで、自分に人々を引き寄せることでなかったように。
バプテスマのヨハネはイエス様を差し示して、このように語りました。


「彼(イエス)は必ず栄え、わたし(バプテスマのヨハネ)は衰える。」(ヨハネ3:30)

そしてパウロはこう言っています。


「しかし、わたしたちは自分自身を宣べ伝えるのではなく、主なるキリスト・イエスを宣べ伝 える。わたしたち自身は、ただイエスのために働くあなたがたの僕にすぎない。」(第二コリント4:5)

「わたし自身については、自分の弱さ以外には誇ることをすまい」(第二コリント12:5)

このような御言葉に導かれて、トラクトを書くことができたこと、 感謝です。今娘の一人が、このトラクトの表紙の絵を描いてくれています。どうか、このトラクトが多くの人々を救いに導けるものとなるよ う、祈っていてください。

他の投稿もチェック

命あるうちに

ひとしずく1507--命あるうちに (2014年配信のひとしずく再配信)...

隣 り人を愛する

ひとしずく1505-隣 り人を愛する 今日は、午後からの自治会に参加させて頂きました。会計報告や行事予定などについての話がありましたが、そうした中で、村としてお互いを助け合うことの大切さが話に出ました。 最近村であった出来事が話題にのぼりました。それは、80歳代の一人暮らしの高齢者が、脱水症状で倒れてしまったのです...

世から選び出された者として

ひとしずく1504- 世から選び出された者として 自分たちの考え方が、この世の 考え方と異なるとわかったからと言って、自分たちが間違っているかもしれないと早合点するべきではありません。私たちはこの世とは異なっ て当然であり、異なるように造られ、選ばれているのですから。  イエス様はこの世と私たちの関 係について、聖書のヨハネの福音書の中で、私たちに警告を与えています。  「もしこの世があなたがたを憎 むならば、あなたがたよりも先にわたしを憎んだことを、知っておく...