命にいたる道へ

j
2024年3月13日

命にいたる道へ (2014年3 月 ひとしずく1497)

「狭い門からはいれ。滅びにいたる門は大きく、その道は広い。そ して、そこからはいって行く者が多い。命にいたる門は狭く、その道は細い。そして、それを見いだす者が少ない。」(マタイ7:13,14)

主は、この世のお祭り騒ぎに浮かれている大多数にではなく、

真理を絶えず求め続ける、心の飢えた者たちに命の道を示される。

テレビ、インターネット、雑誌などを通して、魂を少しも養わないばかりか、

命を吸い取ってしまう虚しいことが語られている。

それを見続け、それにいつまでも浸り続ける大勢の人たち。

楽しみが悪いわけではない。

しかし、よく考えてみる必要があると思う。

私たちは神の道を歩んでいるのだろうか? それとも、自分の道を 歩んでいるのか?

多くの時間を神のために費やしているのだろうか? それとも、自 分のために費やしているのか?

神の声を聞いているのだろうか?それとも悪魔の声をきいているの か?

神は私たちの曖昧な信仰や不従順に怒るよりも、悲しんでおられる のではないかと思う。

しかし、私たちはそんな主の思いにさえ気づかずに、神様の下さる最高のものの代わりに、この世の虚しいまがい物で心を楽し ませ満たしているのではないだろうか?

主が帰ってこられる時、目をさまして主に近く従い続ける者はどれ だけいるのだろう?

もう時は短いというのに・・・。

主よ、どうか、私たちを憐れんでください。信仰の弱い私たちを助 けてください。私たちは、この世と妥協しつつ、あなたに従っていくことはできません。この世のことばかりに気を取られ思い煩っているな ら、あなたの思いを知ることもできません。

主よ、どうか私たちに、あなたから与った命が何のためにあるの か、今一度思い起こさせてください。そして、何があなたの御旨であり、何があなたを喜ばせ、また悲しませるのか考え、常にあなたを仰ぎ見 つつ生きられるよう助けてください。

私たちが、この世と妥協することなく、命に到る狭き道を、日々、 歩み続けることができますように。あなたに喜ばれることが何であるか、わきまえ知ることができますように。

「兄弟たちよ。そういうわけで、神のあわれみによってあなたがたに勧める。あなたがたのからだを、神に喜ばれる、生きた、聖なる供え物としてささげなさい。それが、あなたがたのなすべき霊的な礼拝で ある。あなたがたは、この世と妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、何が神の御旨であるか、何が善であって、神に喜ばれ、かつ全きことであるかを、わきまえ知るべきである。」(ローマ12:1、2)

他の投稿もチェック

命あるうちに

ひとしずく1507--命あるうちに (2014年配信のひとしずく再配信)...

隣 り人を愛する

ひとしずく1505-隣 り人を愛する 今日は、午後からの自治会に参加させて頂きました。会計報告や行事予定などについての話がありましたが、そうした中で、村としてお互いを助け合うことの大切さが話に出ました。 最近村であった出来事が話題にのぼりました。それは、80歳代の一人暮らしの高齢者が、脱水症状で倒れてしまったのです...

世から選び出された者として

ひとしずく1504- 世から選び出された者として 自分たちの考え方が、この世の 考え方と異なるとわかったからと言って、自分たちが間違っているかもしれないと早合点するべきではありません。私たちはこの世とは異なっ て当然であり、異なるように造られ、選ばれているのですから。  イエス様はこの世と私たちの関 係について、聖書のヨハネの福音書の中で、私たちに警告を与えています。  「もしこの世があなたがたを憎 むならば、あなたがたよりも先にわたしを憎んだことを、知っておく...