ある小石に起ったこと(サムエル記上17章)

ある小石に起ったこと(サムエル記上17章)(2014年3月 ひとしずく1485)

神様:小石よ、今日、私はあな たを使って、大いなる業を行うよ。私はあなたを選んで、私の栄光を現すことにする。

小石:えー、こんな僕にどんな 神様のご計画があるというのですか?こんなにちっぽけな体で、しかも、僕のような小石は他に大勢いるし。動くにも何をするにも、自分では 何もできない、河原にただ転がっているだけの何の価値もない小石なのに。

神様:私はあなたを、この特別 な日の、特別なことのために造ったのだよ。

小石:そんなことおっしゃって も、私には何をすることもできません。

(そんな時向こうから一人の少 年が走ってきた。そして小石を拾い集め、小さな袋に入れ始めた。)

少年:うーん・・・これは大き 過ぎるな・・・。あった!これがいいや。よし、これと。これも・・・。

(少年が、その小石をつかんで 袋に入れた)

小石:えっ、ぼくを、ど、どう するの?

神様:私が言ったように、あな たには特別な使命がある。今日あなたに大切な任務を与える。

小石:それは何ですか?

神様:その時わかるよ。

(袋の中の小石は、少年が何か 人々がざわめく人ごみの中に入って行くのがわかった。そして大声で叫んで話す男の声が聞こえた)

「さあ、向ってこい。おまえの 肉を空の鳥、野の獣のえじきにしてやる!」

(その男の叫び声に対して、 さっき自分を河原から拾い上げた少年も、大声で言い返した。)

「おまえはつるぎと、やりと、 投げやりを持って、私に向かってくるが、私は万軍の主の名、すなわ ち、おまえが挑んだ、イスラエルの軍の神の名によって、おまえに立ち向かう。きょう、主は、おまえをわたしの手にわたされるであろう。わ たしは、おまえを 撃って、首をはね、ペリシテびとの軍勢の死かばねを、きょう、空の鳥、地の野獣のえじきにし、イスラエルに、神がおられることを全地に知らせよう。またこ の全会衆も、主は救を施すのに、つるぎとやりを用いられないことを知るであろう。この戦いは主の戦いであって、主がわれわれの手におまえ たちを渡されるか らである」。( 17:45-47)

神様:さあ、出番だ。心配する 必要はない。私はあなたと共にいて、あなたが私の計画を果たすように導くのだから。この少年は、あなたを使って、敵である巨人の頭を撃つ だろう。あなたはただ、少年の手に任せていなさい。私はこの少年をも導いている。

小石:わかりました。あなたの 御計画のために私を用いて下さい。あなたに委ねます。

(すると、小石は少年に袋の中 から取り出され、投石器の皮のところに置かれた。投石器とは、片手で握れる程度の石を遠くへ投げるための紐状の道具で、古くから羊飼が羊 の群を誘導したり害獣を追い払ったりするのに使っているものだ。少年はそれを勢い良くグルグルとそれを振り回した。小石は、目が回った が、ただ神の偉大な力ある霊が自分を包んでいるのがわかった。そしてこの小石は飛んで行った。そして巨人の額に当たり、その巨人は倒れ た。

その日、その少年は自分の国に 勝利をもたらした。その少年の名はダビデといった。)

ちっぽけで、何の役にもたたな いように思われた小石。誰にも知られていなかったが、神様は知っておられ、計画を持っておられたのである。

他の投稿もチェック

命あるうちに

ひとしずく1507--命あるうちに (2014年配信のひとしずく再配信)...

隣 り人を愛する

ひとしずく1505-隣 り人を愛する 今日は、午後からの自治会に参加させて頂きました。会計報告や行事予定などについての話がありましたが、そうした中で、村としてお互いを助け合うことの大切さが話に出ました。 最近村であった出来事が話題にのぼりました。それは、80歳代の一人暮らしの高齢者が、脱水症状で倒れてしまったのです...

世から選び出された者として

ひとしずく1504- 世から選び出された者として 自分たちの考え方が、この世の 考え方と異なるとわかったからと言って、自分たちが間違っているかもしれないと早合点するべきではありません。私たちはこの世とは異なっ て当然であり、異なるように造られ、選ばれているのですから。  イエス様はこの世と私たちの関 係について、聖書のヨハネの福音書の中で、私たちに警告を与えています。  「もしこの世があなたがたを憎 むならば、あなたがたよりも先にわたしを憎んだことを、知っておく...