神様が共におられるなら小さくても大きい

神様が共におられるなら小さくても大きい (2014年3月 ひとしずく1484)

 一人の少年ダビデの投げた一個の石が巨人ゴリアテを倒した。(サムエル記上17章)

 一人の奴隷として連れて来られたイスラエルの少女がシリア軍の将軍ナアマンの癩病を癒す助言を与えた(列王記下5章)

 一人の少年が二匹の魚と五つのパンをイエス様に捧げたので、飢えていた何千もの人たちが養われることになった。(ヨハネ6:5-13)

 一人のやもめが、最後の粉と油をもって預言者を養ったので、預言者とやもめとその息子は養われた。(列王記上17:12-16)

 一匹の小さな虫がヘロデ王を噛んだので、王は死んだ。(使徒12:20-23)

 一人の生まれながら足のきかない物乞いが癒されたのがきっかけで、五千人の人たちが主イエスを信じることとなった。(使徒3章)

 一人の少年ダニエルがネブカデネザルの夢を解き明かすことができたので、バビロンのすべての知者は死を免れた。(ダニエル2章)

 一人の小さな赤ちゃんを神様は救い主として世に使わし、世界に救いをもたらした。

 神はその一人子を賜り、その御子を信じる者がひとりも滅びないで永遠の命を得ることができるようにしてくださった。(ヨハネ3:16)

神さまが共におられるのなら皆、小さくても大きいのです。

他の投稿もチェック

命あるうちに

ひとしずく1507--命あるうちに (2014年配信のひとしずく再配信)...

隣 り人を愛する

ひとしずく1505-隣 り人を愛する 今日は、午後からの自治会に参加させて頂きました。会計報告や行事予定などについての話がありましたが、そうした中で、村としてお互いを助け合うことの大切さが話に出ました。 最近村であった出来事が話題にのぼりました。それは、80歳代の一人暮らしの高齢者が、脱水症状で倒れてしまったのです...

世から選び出された者として

ひとしずく1504- 世から選び出された者として 自分たちの考え方が、この世の 考え方と異なるとわかったからと言って、自分たちが間違っているかもしれないと早合点するべきではありません。私たちはこの世とは異なっ て当然であり、異なるように造られ、選ばれているのですから。  イエス様はこの世と私たちの関 係について、聖書のヨハネの福音書の中で、私たちに警告を与えています。  「もしこの世があなたがたを憎 むならば、あなたがたよりも先にわたしを憎んだことを、知っておく...