震 災3年目 (–2014年3月配信)を迎えるにあたって

j
2024年3月3日

ひとしずく1479-震 災3年目を迎えるにあたって(2014年3月配信)

震災で愛する人を失った人たち・・・。

 3年経っても、その痛みは増すばかり、と語る人がテレビに映っ ていました。そして、他界した家族が天国から自分たちを見守ってくれていると思いますと語る人も。

この三年間、被災者の方々は色々なことを通過して来られたと思います。

神様は全てのことを目的をもって計画されたのですから、きっと、今という時間の枠の中で理 解できないことが、向こうの岸に辿り着いた時、全てが わかるようになるのだと思います。この地上では、全て形あるものは、崩れ、命は死を迎える時がきます。その一つ一つに秘められた神様の尊 い御計画が、つい に明かされた時、きっと私たちはその神様の御計画の素晴らしさと愛と知恵に驚き感謝することになるのだと思います。そして、その時には、感動の再会があ り、癒しがなされ、不正が正され、憎しみではなく愛し合い赦し合うことがなされるのです。

どうか今、苦しみと試練に直面している人たちが、その苦しみと悲しみを知っておられる神様 がすぐそばにおられることに気づきますように。

聖霊の慰めが与えられ、天国に行くまでの道のりにおいて、希望を 失うことがありませんように。そして小さな天国がこの地上で実現しますように。互いに愛し合うことによって。

「あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。」(第一コリント10:13

「すべての訓練は、当座は、喜ばしいものとは思われず、むしろ悲しいものと思われる。しかし 後になれば、それによって鍛えられる者に、平安な義の実を結ばせるようになる。」(ヘブル12:11

ひとしずく4446  神の御霊  (1480の再配信)

神の御霊は愛の霊

世のしきたりに囚われない自由な霊

闇に光を灯し

氷を溶かし

束縛の鉄格子を破壊する

神よりの深い憐れみと癒しの霊は

絶えず人の心と体に触れたいと願っている

生きる力であり生命の息吹である神の霊は

鬱を一掃し

絶望に希望の光を投げかけ

進む力を与えてくれる

知恵と悟りと

人生の喜びと満足を与えてくれる

全てのことに目的を見出し

神の永遠の計画を明らかにしてくれる

感動と平安の源

静けさと活動の導き手

全てのものの中心である父なる神と

私たちはいつも一つ

どんな時も

どんな状態においても

失望することはない

永遠の力ある方が

私の内に、私と共に

いてくださるのだから

この御霊、この聖なる霊を

父のみもとから送ってくださった

御子イエスに栄光あれ

そのために

御子の肉が裂かれ血が流された

それによって私たちを

父なる神のもとにひきよせてくださり

御霊によって私たちを

一つにしてくださった

御子イエスに

世々限りなく栄光がありますように

他の投稿もチェック

命あるうちに

ひとしずく1507--命あるうちに (2014年配信のひとしずく再配信)...

隣 り人を愛する

ひとしずく1505-隣 り人を愛する 今日は、午後からの自治会に参加させて頂きました。会計報告や行事予定などについての話がありましたが、そうした中で、村としてお互いを助け合うことの大切さが話に出ました。 最近村であった出来事が話題にのぼりました。それは、80歳代の一人暮らしの高齢者が、脱水症状で倒れてしまったのです...

世から選び出された者として

ひとしずく1504- 世から選び出された者として 自分たちの考え方が、この世の 考え方と異なるとわかったからと言って、自分たちが間違っているかもしれないと早合点するべきではありません。私たちはこの世とは異なっ て当然であり、異なるように造られ、選ばれているのですから。  イエス様はこの世と私たちの関 係について、聖書のヨハネの福音書の中で、私たちに警告を与えています。  「もしこの世があなたがたを憎 むならば、あなたがたよりも先にわたしを憎んだことを、知っておく...