いつも喜んでいる者となるように

九月二六日 いつも喜んでいる者となるように (ひとしずく五九八)

いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しな さい。これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである。(第一テサロニケ五章十六~十八節)

 いつも微笑んでいる人がいます。苦労や悲しみなど一度も経験もしたことがないわけでもないのに、喜びに満ち溢れ、いつも他の人のことばかり気にかけて、その笑顔が輝いているのです。そういう人に接すると、自分までもが平安で幸せな気分になります。

そして自分も、そのような人になりたいと思うのです。自分の微笑みで多くの人の祝福になりたいと。しかし、私たちには毎日、多くの思い煩いがあり、明日や遠い将来までをも憂い、何か一つ問題が起きただけでも、いとも簡単に絶望的な気分に陥って、いつしか微笑むことさえ忘れてしまいます。

聖書には「いつも喜び、感謝しなさい」とありますが、この聖書の言葉は、一部の稀な人を除いては、私たち人間には所詮無理なことなのでしょうか?神様は私たちに、できもしないことを命じているのでしょうか?

時に神様は、私たちの感情を無視するかのようなことを求められることがあります。確かにこの聖句通りにできたら素晴らしいのですが、努力しても、なかなか自分の感情をコントロールするのは難しいものです。しかし、ここにその助けとなる素晴らしい聖句があります。

神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています。(ローマ八章二八節)

  クリスチャンにとっては聞きなれた聖句ですが、この聖句には、「全てが益となる」というものすごい約束がされているのです。つまり、どんなに大変でどうにもならないような事が起っても、それらは益に転じるための始まりだということです。したがって、私たちにはいつも喜んでいるべき理由がここにあるのです。

  ところで、ほとんどの神様の約束には条件があるように、この約束にも条件がついています。その条件とは「神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには」とあります。つまり「全てが益となる」という祝福を頂くには、自分が「神様を愛する」という条件を果たす者となる必要があるということで す。「神様を愛する者」となるということは、全ての事に神様の「ご計画を見る人」となることです。そして、神様の愛と知恵と善意で満ちたご計画に従って、 今の状況に置かれ、その状況に召して頂いたのだと「信じる者」であるということだと思います。

「いつも喜び、祈り、感謝に満ちた者」となるための道は、まず「万事が益になることを知る」ということであり、「万事が益になる」ためには「神様を愛し信じる者」となることなのです。

私たちの主への愛がもっともっと強められ、私たちに起こる全てに主の御手を見、いつも喜び、祈り、感謝する者となれますように。

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...