愛と赦しの力

九月二五日 愛と赦しの力 (ひとしずく五九五)

 あるトラクトに、淵田美津雄という方のお話が載っていました。彼は真珠湾特攻隊の指揮官だった人です。太平洋戦争が始まる前から、彼はアメリカに対する敵愾心に燃えており、敗戦後は、さらにアメリカに対する憎しみを募らせていました。

 しかし、そんな彼に大きな心の変化をもたらした出来事がありました。それは、同朋の帰還兵から、あるアメリカ人女性の話を聞いたことです。二十歳前後の彼女は、負傷した日本兵を看護するために、アメリカから日本にやってきたのでした。彼女の献身的な奉仕はとても輝いていて、心身とも傷ついた負傷兵を癒しました。ある人が彼女に、どうしてこんなことをしてくれるのかと尋ねると、彼女は自分の身の上話をしてくれたそうです。

 彼女の両親はフィリピンにいました。しかし、日本兵によって、斬首されて死んだのだそうです。彼女の両親は斬首される前に、わずかの時間をくれるよう日本兵にお願いしました。そして三十分ばかりの時間をもらうと、彼らは静かに祈りを捧げたのだそうです。

彼らを殺そうとする日本兵の目に、その姿はどのように映ったことでしょう。

後に、その御両親の最期を伝え聞いた娘さんは、敗戦後の日本で、負傷した帰還兵に奉仕することを決意したのでした。きっと御両親の祈りは、自分達の命を奪おうとしている日本兵らが主イエス様の愛を見出すことができるように、また残された娘さんが、日本に対して、憎しみではなく赦しの愛を持てるようにという祈りではなかったかと思います。

こうして、最期においてまで、主イエス様に信頼し、主の御心に生きようとした御両親の召天の有様は、娘さんを始め、大勢の人の人生に影響を与えることになったのでした。そして、御両親の意思を受け継いだ娘さんの行いも、多くの日本兵たちに影響を与え、この真珠湾特攻隊の指揮官であった淵田さんの人生をも変えました。恩を仇で返すという言葉がありますが、彼女は逆に、仇を愛で返したのです。彼女のそんな犠牲的で無条件の愛は、アメリカへの憎しみでいっぱいだった彼の凍りついた心を溶かしました。そして後に淵田さんは、キリストの愛を宣べ伝える伝道師となったのです。 もし、両親を殺された彼女が日本に対して憎しみの思いを抱き続けて生きていたとしたら、決して淵田さんの心を変えることはなかったことでしょう。人を赦すことの力の大きさを、改めて思っています。

憎しみは、争いを起し、愛はすべてのとがをおおう。(箴言一〇章一二節)

あなたがたも聞いているとおり、「隣人を愛し、敵を憎め」と命じられている。しかし、わたしは言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。(マタイ五章四三、四四節)

他の投稿もチェック

主が共におられる

ひとしずく799-主が共におられる 時々、試練の最中にあると、主は共にいてくださらないように感じることがありませんか?そして、主が共にいてくださるのなら、こんな災難や試練が起こるわけがないし、起こったとしてもすぐに助け出してくださるはずだと、不平と疑いを抱いてしまうことが・・・。 旧約聖書にあるヨセフの話はとても興味深いものです。...

義に飢え渇く者

ひとしずく1559-義に飢え渇く者 (2014年配信) 最近、Dさんに十何年かぶりに再会しました。今、彼は単身赴任 で、福島の相馬で働いています。以前、私たちの聖書クラスに来ていましたが、彼が九州に引っ越しして以来、会う機会はありませんでした。 しかし、彼が東北に来て、先月から月に 一回、私が那須にいる時に、聖書を一緒に学ぶために、彼は公休日前の日に一泊の泊りがけで相馬から那須にやってきます。仕事が終わってか ら車で来るので、那須に到着するのが夜の9時...