イエス様の枝

j
2023年7月15日

七月十五日 イエス様の枝 (二〇一二年七月 ひとしずく八八五)

 
(イエス様から:)私はぶどうの木、あなたがたはその枝である。ぶどうの枝が「私はぶどうの実ではなく、リンゴの実がほしいのです」と、要求するだろうか?ぶどうの実を生らせるべく創られているのに、それに不平を抱き感謝のない枝には、樹液が流れることがなくなる。枝がぶどうを生らすことを 望んでいないのだから。
 しかし、私が結ばせる実に感謝している者には、私はますます多くの実を実らせるようにできる。私の、あなたという枝に対する計画と知恵に委ね、私に信頼しているからだ。そのような枝には、多くの樹液が流れるようになる。そして、私の樹液を喜んで受け入れてくれるところには、ますます私は もっと多くを注ぐ。
 だから私の枝であることを感謝してほしい。私につながっていることで感謝してほしい。私のために実を結ぶことに感謝してほしい。
人々はあなたの実を見て、木の立派さを褒め讃えるだろう。
   私とあなたとは一つであり、父の望みを果たそうとしているからだ。
父は、私たちが一つとなり、多くの者たちのために命をもたらすものとなることを望んでいる。だから私の枝であることを、私の樹液を、私があなたを通して結ぼうとしている実を感謝しなさい。
 あなたが、私を求め、命の樹液を求め、私につながっているなら、私はあなたを命で満たす。私と共にいることを喜びとしなさい。あなたに対する私の業を喜びなさい。
あなたが木でもなく、農夫でもないことを感謝しなさい。ただ枝であることを感謝しなさい。 その枝は、私が深く愛している大切な枝である。
 
(イエス様へ:)イエス様、あなたの枝であることを感謝します。どうぞ、あなたの望まれることをなさってください。 私が多くの実を結ぶために、あなたがなさる剪定の痛みも、賛美をもって受け入れることができますように。私はあなたの手の業です。あなたが私を使ってくださることを感謝します。
 ただ、樹液であるあなたの霊と御言葉が私の内を流れるだけで、実と思えるものが何一つ見えない時でも、あなたに信頼して 待つことができますように。ひたすら、あなたの愛と約束を信じて。
 
わたしにつながっていなさい。そうすれば、わたしはあなたがたとつながっていよう。枝が ぶどうの木につながっていなければ、自分だけでは実を結ぶことができないように、あなたがたもわたしにつながっていなければ実を結ぶこと ができない。
 わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。もし人がわたしにつながっており、またわたしがその人とつながっておれ ば、その人は実を豊かに結ぶようになる。わたしから離れては、あなたがたは何一つできないからである。(ヨハネ十五章四、五節)

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...