犬のラッキー

j
2023年7月12日

七月十二日 犬のラッキー (二〇一二年七月 ひとしずく八七七)

わたしの目にはあなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。(イザヤ書43章4節)

時々、誰でも、自分がどうしょうもなく惨めで、何の価値もないように思えることがあるのではないでしょうか?周りの人は皆、輝いて見えるのに、自分ときたら、いつまで経っても同じような試練や問題を抱え、まるで冴えない人生を送っているように感じたり・・・。しかし、そんな時に、慰めと希望を与えてくれる、こんなお話があります。
=========

 昔、いなくなった犬を探している看板を見たことがある。犬を発見した人に、多額のお礼が約束されていた。犬の外見はこう説明されていた。

「この犬はオスで、足が3本しかありません。左目が見えなくなっており、右耳もなく、尻尾はちぎれています。偶然の事故でフェンスにひっかかり、去勢された状態になりました。耳もほとんど聞こえませんが、『ラッキー』と呼べば答えます。」

 この犬はけしてラッキー(幸運)とは言えない。しかしこの犬は、別の意味ではラッキーである。愛に溢れた飼い主に飼われているからだ。この飼い主は、一見無価値に思えるような犬を愛し、大金を払おうとしているのだから。

(クレイ4月号・月刊デボーションより)

=========

 私たちにも、こんな素敵な愛に溢れた御主人さまがいます。私たちがどれだけ罪に汚れ、落胆し、どうしようもない状態になって迷い出たとしても、いつも名前を呼んで、探し出そうとしてくれる主人、イエス様が。

 イエス様は、一見無価値に見える私たちのために、大金どころか、御自分の命を差し出して、私たちをご自分のところに連れ帰ってくださるのです。

自分を見つめたら、がっかりすることばかりです。誇れるところも、良いところも何一つないように思えます。しかし、覚えておくべき大切なことは、こんな自分を、無条件で、そんなにも愛してくださる主がいてくださるということです。これこそが、私たちの希望であり、誇りであり、幸せなのです!主よ、感謝します!

私は失われたものを尋ね求め、追われたものを連れ戻し、傷ついたものを包み、弱ったものを強くする。(エゼキエル 三四章六節後半)

 ヤコブよ、あなたを創造された主はこう言われる。イスラエルよ、あなたを造られた主はいまこう言われる、「恐れるな、わたしはあなたをあがなった。わたしはあなたの名を呼んだ、あなたはわたしのものだ。あなたが水の中を過ぎるとき、わたしはあなたと共におる。川の中を過ぎるとき、水はあなたの上にあふれることがない。あなたが火の中を行くとき、焼かれることもなく、炎もあなたに燃えつくことがない。わたしはあなたの神、主である、イスラエルの聖者、あなたの救主である。…」

主は言われる、「あなたがたはわが証人、わたしが選んだわがしもべである。それゆえ、あなたがたは知って、わたしを信じ、わたしが主であることを悟ることができる。わたしより前に造られた神はなく、わたしより後にもない。ただわたしのみ主である。わたしのほかに救う者はいない。わたしはさきに告げ、かつ救い、かつ聞かせた。あなたがたのうちには、ほかの神はなかった。あなたがたはわが証人である」と主は言われる。「わたしは神である、今より後もわたしは主である。わが手から救い出しうる者はない。わたしがおこなえば、だれが、これをとどめることができよう」(イザ四三章一~三、十~十三節)

他の投稿もチェック

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む (このお話は2014年に書かれたものであることをお伝えします。) 私たちは、自宅から車で一時間ほど行った町に、ひと月に一度かニ度買い物に出かけるのですが、私たちの場所から十キロメートルも車を走らせると、そこはもう雪が全く見当たらない別世界となります。昨日も、母を病院の定期検診と買い物に連れて行ったのですが、いかに自分たちの所が他に比べると雪が多い地域かということがわかります。...

ひとしずく1515-神の見解 

ひとしずく1515-神の見解  神と私たち人間との見解は異なります。私たちはそのことを踏まえて、もっと自分の考えにとらわれず神様の見解を求める必要があると思います。改めて聖書が示す神の見解を心に刻む事ができますように。 主はサムエルに言われた、「顔形や、身のたけを見てはならない…わたしが見るところは人とは異なる。人は外の顔形を見、主は心を見る」(サムエル記上16:7) イエスは答えて言われた、「天地の主なる父よ、あなたに感謝します。これらのことを知恵のある者や、賢い者に隠して幼な子に現してくださったからです。」(マタイ11:25)...

ひとしずく1514-選択という賜物

ひとしずく1514-選択という賜物   あなたは神様の御心を知っていますか?神様の御心、それは、私たちがいつも神様の近くに住まい、神の御顔を仰ぎ、愛し、どんな状況にあっても神様の約束を固く信じ、賛美しつつ御言葉に従って生きることです。しかし、神様は、そんな御自分の思いを押しつけたりせず、私たちの自由意志を尊重し、選択と言う賜物を与えてくださっています。何と深い愛だろうと思います。その神の御姿は、放蕩息子の父親の姿で表されています。  ...