新たなる闘志をもって

六月二五日 新たなる闘志をもって (二〇一二年六月 ひとしずく八四九)

 先日、妻の血圧は三〇〇にも達し、今も二〇〇くらいあるので、もう少し入院していたら良いだろうという医師の勧めで、妻はまだ病院にいます。

 主は、病床にいる彼女に色々と語りかけて下さったそうです。彼女を見ると、さらに主に従う決意を強くしているのがわかります。

 もう歳だからとか、病気だから仕方ないと言って、主の御心を行わないことの弁解もできるというのに、彼女は「御心だったら、家族だけで暮らすのではなく、また皆で暮らす共同のホームを作りたい」とか「自分は主の仕事をするために選ばれているんだ」と新たなゴールを思い描いているのでした。 そして、ベッドに横になりながらも、私が「ひとしずく」を書いたり、メールに答えたりすることを勧めるのです。また自分は、今横になっているだけなので大丈夫だからと言って、昨日も今日も、私がバイブルクラスなどのアポイントに出かけて行くのを励ましてくれるのです。

 数十年前、宣教のために海外の宣教の地に行こうと駆り立ててくれたのも、妻でした。

  私は改めて、妻の強さを見たように思います。私はというと、ちょっとしたことで簡単に気落ちしたり、また目をゴールから逸らされたりしてしまう者です。今、試練の最中にある妻の、そうした決意や献身の態度を見ることで、自分の生き方を探らされています。

「There’s no testimony without tests.

There’s no triumph without trials.」

「テスト無しにはテステモニー(証)はなく、トライアル(試練)なくしてはトライアアンフ(勝利)なし。」という言葉があります。

 私たちが、主の御心を行い、ゴールに向って前進するつもりなら、傷は受けることはないと思っているのなら、それはたいした大義でも価値あるものでもないと思います。

 人は、簡単に自分のなし得なかったことについて、人のせいにしたり、また状況のせいにして、言い訳を言いたくなるものです。困難は人生につきものです。それなのに、私たちは、あれやこれやについて、つぶやく癖がついてしまっているのです。

 この地上では、各自が大切な使命を神様から頂いていると思います。それらがたとえ人の目に小さなことに見えるものだとしても、そこに神様が自分を置かれたのなら、そしてそこですべきことを示されたのなら、それは全力を尽くして取り組む価値のあるものだと思います。

 神様が自分を呼んでいるのなら、そこには試練と苦しみとテストしかないように見えても、おそらく、神様は私たちが、それに耐えられるとご存知であるか、あるいは神様は特別な力を与えて下さることができるということを、私たちに分からせたいか、とにかく何か 素晴らしいことを用意して下さっているはずです。

 アレキサンダー大王は、ビジョンを失って死に絶えました。彼の前に立ちはだかるどんな敵も彼は克服できましたが、自分を駆り立て、進み続けさせるビジョンを失った時、もう征服すべき世界がないと嘆いて死んでいったそうです。

  さて、今の私たちには、そんなチャレンジがないのでしょ うか?いいえ、あります。真のクリスチャンにとっては、最後に主が天に召してくれる時まで、アレキサンダー大王が持っていた以上のチャレンジが、限りなくあるのです。

 私たちには使命があります。その使命は、地上に残っている最後の一人が主の愛を知るようになるまで、主の愛と福音を伝えることです。自分のいる場所がどこであれ、周りにまだ主の愛を知らない人がいるなら、おそらく主は、自分をその人に使わしているのでしょう。 クリスチャンだからと言って、この世の試練から免除されるということはありません。かえって、悪魔は、生きているクリスチャンに対して、希望を奪い、不和を起こさせ、神の愛を疑わせようと躍起になっており、その分、試練は多いとも言えるでしょう。

 だからこそ、私たちは目をさまして、兵士らしく生きる必要があるのです。聖書が言うように、私たちは霊の戦いに従事しているのです。もちろんこの戦いでは、いくらかの傷を負うでしょう。しかし、あきらめないなら、勝利は必ず私たちのものとなるのです。 イエス様は、勝利の主だからです。

病床でも主の御心を思い、新たなビジョンをもって戦っている妻を見て、私にも新たな信仰の闘志が湧いてきたように思います。

 御心なら、これからもずっと妻と共に、そして信仰の兄弟姉妹と共に、全力を尽くして主の業に励むことができますように。

キリスト・イエスの良い兵卒として、わたしと苦しみを共にし てほしい。(第二テモテ二章三節)

感謝すべきことには、神はわたしたちの主イエス・キリストによって、わたしたちに勝利を賜わったのである。だから、愛する兄弟たちよ。堅く立って動かされず、いつも全力を注いで主のわざに励みなさい。主にあっては、あなたがたの労苦がむだになることはないと、あなたがたは知っているからである。(第一コリント十五章五八節)

他の投稿もチェック

主が共におられる

ひとしずく799-主が共におられる 時々、試練の最中にあると、主は共にいてくださらないように感じることがありませんか?そして、主が共にいてくださるのなら、こんな災難や試練が起こるわけがないし、起こったとしてもすぐに助け出してくださるはずだと、不平と疑いを抱いてしまうことが・・・。 旧約聖書にあるヨセフの話はとても興味深いものです。...

義に飢え渇く者

ひとしずく1559-義に飢え渇く者 (2014年配信) 最近、Dさんに十何年かぶりに再会しました。今、彼は単身赴任 で、福島の相馬で働いています。以前、私たちの聖書クラスに来ていましたが、彼が九州に引っ越しして以来、会う機会はありませんでした。 しかし、彼が東北に来て、先月から月に 一回、私が那須にいる時に、聖書を一緒に学ぶために、彼は公休日前の日に一泊の泊りがけで相馬から那須にやってきます。仕事が終わってか ら車で来るので、那須に到着するのが夜の9時...