生ける神の言葉

j
2023年6月10日
六月十日 生ける神の言葉 (二〇一四年 ひとしずく一五二七) 

  信仰の仲間たちと集まって、デボーションをしました。

   私は聖書の学びの時にはよく、以下の聖句を要求します。

   み言葉が開けると光を放って、無学な者に知恵を与えます。(詩篇一一九篇一三〇節)

  主は聖書の言葉を通して、無学である私の闇の心を照らし、知恵を与えてくれます。

  わたしの目を開いて、あなたのおきてのうちのくすしき事を見させてください。(詩篇一一九篇一八節)

  イエス様を信じる者たちが一緒に集まって聖書を読む時にも、即時に皆、同じ世界に飛び込んで素晴らしい体験をすることができます。書かれた当時のありありとした情景が、聖霊によって蘇らされ、まさに今起っていることのように生き生きとしてくるのです。

   これは聖霊の働きによります。

  助け主、すなわち、父がわたしの名によってつかわされる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、またわたしが話しておいたことを、ことごとく思い起させるであろう。(ヨハネ十四章二六節)

 

  聖書は確かに古めかしい書物かも知れませんが、決して古びることのない、生き生きとした神の言葉が記されています。

 

  というのは、神の言は生きていて、力があり、もろ刃のつるぎよりも鋭くて、精神と霊魂と、関節と骨髄とを切り離すまでに刺しとおして、 心の思いと志とを見分けることができる。(ヘブル四章十二節)

  聖霊がそれらの言葉を使って語りかけてくれているのです。  どうか、毎日神の言葉である聖書を読み、そこから養われることで一日を始めてください。そして、まさに神の言葉が生きていることを体験して見てください。

  祈り:主よ、どうか、聖書を学ぶにあたって、理解する力を与えてください。私の心に語りかけてください。この無学な者に光を与え、目を開いて、あなたのおきてのくすしきことを教え、悟らせてください。そして私の必要としている真理を教えてください。今日一日に必要な霊の糧を与え、なくてはならないもので、私を満たしてください。イエスの御名で祈ります。アーメン。

他の投稿もチェック

完成めざして

完成めざして それぞれ人は、完成を目指して励んでいるところがあると思います。それが医療関係の人であれ、飲食店のサービス業であれ、またスポーツの選手であれ。苦しい経験、訓練を通して人は、そこに至ります。 無駄のない動き、軽やかさ、一貫性… その人の練達ぶりから、「完成」を感じます。 これは信仰の道に導き入れられた私たちにも言えることですが、キリストを信じる信仰者の完成は、この世の人達のものと異なるところがあります。 私たちの完成は、イエス・キリストのようになることであり、信仰者それぞれを完成に至らせるのは神です。...

神に会う備え

神に会う備え 時々、立ち止まること、現場から離れることは、普段見ていない、あるいは見えてないものを見る助けになります。しかし、せっかく現場から離れても、まだ心配事が思いを駆け巡っているなら、神様が示されたいことに目が開かれないということがよくあります。私たちはそれほども日常の環境が影響を与え、神よりは自分の周りのものに影響されて生きているということです。  なかなか立ち止まることができないと、神が立ち止まらせてくれますが、痛みを伴ってということがあります。...

愛する者のためのとりなし

愛する者のためのとりなし 私が家出していた時のことは、他のところで分け合っていますが、その裏話というか、後になって近所のおばさんから聞いたお話です。 「私の旦那が仕事で函館に立ち寄った時、あんたらしい人を見たと言っていました。それであんたのお母さんに話したら、あんたのお母さんは、『そのままにしておいてあげたい』ということだった」...