祭りの日に

j
2023年5月22日
五月二二日 祭りの日に (二〇一四年 ひとしずく一五四七) 

 昨日の朝、東京に向けて村を出る時、何軒かの家の前にはお祭りのための飾りつけや、提灯 がつり下げられていました。過疎化が進んで、めっきり寂しくなったこの村で、どうにかして祭りぐらいは盛り上げたいという皆の気持ちが現れているように思えました。

 「御神輿担がないか」と尋ねてきた村の人たちの三人に、私は断らなければなりませんでし た。冬には誰も神社の屋根の雪下ろしをする人がいなくて、危険を冒して雪下ろしをしましたが、その神社のお祭りに参加しないということ は、きっと村人たちのほとんどは理解できないことだろうと思いました。しかし私は、やはり神社に祀られている神を信じているわけではないし、自分の信仰を表明したいと思いました。私はただ「信仰が違うので」と答えただけでしたが、それは別の神 を信じている人がそばにいるという事実を彼らに示していることに なります。そして、それはさらに説明を求める人に証しをするチャンスとなりますし、そういった主の愛を伝える機会を狭めないということになると思いました。

 どちらにしても私は、聖書クラスのために東京へ出発しなければならなかったので、お祭りに参加することはできませんでした。息子も自分で祈ってみて、やはりお神輿は担がないということに決めました。近所の人たちには、いずれこのことに関して証しすることになると思います。

 ところで、昨日は那須で「アースデー」というフェステバルがあって、去年、私はいつも親しくして頂いているKさんとそのフェスティバルに参加して、証しをしました。今年も、 Kさんはそのフェスティ バルに参加されるようだったので、私もまずは東京に行く途中、那須に立ち寄り参加したいといと思っていました。しかし、残念ながらそこに到着した時には、 もう屋台も片付け始められていて、Kさんも帰ってしまわれた後でした。しかし天気は良く、まだ野外ステージでは、歌が歌われて いました。とてもなごやかな雰囲気が会場に漂っていて、私はそこでKさんと一緒に配ろうと思っていたトラクトを一人でたくさん配ることができました。それ は、被災地で愛する人たちを失った人たちのために作成した「いのちのえほん」と原発施設を建設中の下北半島大間町に行く時に作成した「旅」というトラクト でした。皆、喜んでそれを受け取ってくれました。

このフェスティバルは神社のお祭りとは違いますが、どちらにして もイエス様に関するお祭りではありません。神社のお祭りや、こうしたフェスティバルで、皆、楽しそうにしているのを、イエス様はどのように見ておられるのだろう、と思いました。 そして、聖書の中で、仮庵のお祭りの日にイエス様が叫んで言われた言葉を思い出していました。

祭の終りの大事な日に、イエスは立って、叫んで言われた、「だれでもかわく者は、わたしのところにきて飲むがよい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その腹から生ける水が川となって流れ出るであろう」。(ヨハネ七章三七、三八節)

これは、イエス様を信じる人々が受けようとしている御霊をさして言われたのでした。

現代においてお祭りは、神社のお祭りでさえも、もしかしたらそれに関わる多くの人にとって、それほど信仰心があるからというわけではなく、ただ皆で集まって、騒いで踊って、お神輿を担いで、美味しい物を食べたり飲んだりして楽しくやろう、といった感じのものなのでしょう。辛いことも、仕事も忘れて、ただ楽しくしたいというのは、誰もが持っている欲求で、そういったひと時は必要なことだと思います。しかし、もっと神様が私たちに与えたいと思われている幸せは、お酒より も、踊りと歌よりも、もっともっと、心も体も満たすことのできる主の愛の御霊なのです。それは一日や二日だけでは終わらない、永遠に続く幸せです。

イエス様は、お祭りに集まった人たちに、そのことをどれだけ知ってほしいと思ったことでしょうか。そして今も、その思いは変わらないはずです。 この主の気持ちを考えると、すでにその祝福に与り、先に召された者として、もっと忠実に使 命を果たしていかなければ、と思うのです。どうか主が助けてくださいますように。

他の投稿もチェック

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む (このお話は2014年に書かれたものであることをお伝えします。) 私たちは、自宅から車で一時間ほど行った町に、ひと月に一度かニ度買い物に出かけるのですが、私たちの場所から十キロメートルも車を走らせると、そこはもう雪が全く見当たらない別世界となります。昨日も、母を病院の定期検診と買い物に連れて行ったのですが、いかに自分たちの所が他に比べると雪が多い地域かということがわかります。...

ひとしずく1515-神の見解 

ひとしずく1515-神の見解  神と私たち人間との見解は異なります。私たちはそのことを踏まえて、もっと自分の考えにとらわれず神様の見解を求める必要があると思います。改めて聖書が示す神の見解を心に刻む事ができますように。 主はサムエルに言われた、「顔形や、身のたけを見てはならない…わたしが見るところは人とは異なる。人は外の顔形を見、主は心を見る」(サムエル記上16:7) イエスは答えて言われた、「天地の主なる父よ、あなたに感謝します。これらのことを知恵のある者や、賢い者に隠して幼な子に現してくださったからです。」(マタイ11:25)...

ひとしずく1514-選択という賜物

ひとしずく1514-選択という賜物   あなたは神様の御心を知っていますか?神様の御心、それは、私たちがいつも神様の近くに住まい、神の御顔を仰ぎ、愛し、どんな状況にあっても神様の約束を固く信じ、賛美しつつ御言葉に従って生きることです。しかし、神様は、そんな御自分の思いを押しつけたりせず、私たちの自由意志を尊重し、選択と言う賜物を与えてくださっています。何と深い愛だろうと思います。その神の御姿は、放蕩息子の父親の姿で表されています。  ...