子供のために

j
2023年5月5日

五月五日  子供のために (二〇一四年五月 ひとしずく一五三四)

  子供の日に、テレビで子供たちについての番組を見ました。子供たちが自分たちだけで自由に遊べる「秘密基地」についてのものでした。

 学校と塾での勉強の詰め込みで、ただでさえ遊ぶ時間のない子供たちのために、お母さんたちが立ち上がり、都会の公園の中に子供のための空間が造られました。子供たちによって造られるツリーハウスのようなものですが、初めは「子供たちが怪我したらどうする」 などの反対がありましたが、いくらかの危険を覚悟で、子供たちの自由な遊びの場を確保したいというお母さんたちの努力が実ったそうです。

 画一化された組織の中での詰め込み教育と競争のプレッシャー、いじめなど、子供を守り、支える必要があることは数多くありますが、 これは、そうした中で子供たちのための努力の結果の一つであると思います。このように子供のために立ち上がる大人がいることは、とても貴重で素晴らしいことだと思います。

  ところで、私たちクリスチャンの立場で、子供たちのためにどのように奮闘するべきなのか、と考えさせられました。そして、それはやはり、子供たちの信じる心を大切にするために奮闘することだと思いました。物質主義で、精神的なことはおろそかにされているこの世にあって、信仰を持っている大人が、神の言葉の真理に基づく、動く事の無い礎を、何よりも必死になって、子供たちの心に築いて行かなければならないと思います。

  人は蒔いたものを刈り取ることになります。それは私たちクリスチャンも同じことです。神の忍耐と寛容の時代にいつまで も甘んじていて、 神の御心を求めず、この世に妥協しながら生きていても、神様の前に各自が言い開きをする時が必ずやって来ます。私たち大人は、真剣に神が望まれていることは何かを常に祈り求めて、子供たちを真理の道へと導き、見守っていかなければならないと思います。

子供たちは成長するにつれ、本物でないものに気づいていきます。しかし、私たちはイエス様のゆるしの愛ゆえに、本当の希望があるということを伝えることができます。こうした神よりの真理の礎が据えられていなくては、波に翻弄される小舟のようで、それこそ子供たちにとっては 大変な将来となることでしょう。しかし、天地を造られ、命を捨てるほどに私たちを愛してくださっている神の愛を信じる信仰が心に据えられているなら、きっとこの混沌とした世界においても、頼ることのできる力強い神の恵みの内に成長し、神の使命を果たすことのできる充実した人生を送ることになると私は信じま す。

  彼は父の心をその子供たちに向けさせ、子供たちの心をその父に向けさせる。これはわたしが来て、のろいをもってこの国を撃つことのないようにするためである。(マラキ四章六節)

  天地は滅びるであろう。しかしわたしの言葉は滅びることがない。(マタイ二四章三五節)

  信仰がなくては、神に喜ばれることはできない。なぜなら、神に来る者は、神のいすことと、ご自分を求める者に報いて下さることとを、必ず信じるはずだからである。(ヘブル十一章六節)

 

神から賜わった恵みによって、わたしは熟練した建築師のように、土台をすえた。そして他の人がその上に家を建てるので ある。しかし、どういうふうに建てるか、それに気をつけるがよい。なぜなら、すでにすえられている土台以外のものをすえることは、だれにもできない。そして、この土台はイエス・キリストである。この土台の上に、だれかが金、銀、宝石、木、草、または、わらを用いて建てるならば、それぞれの仕事は、はっきり とわかってくる。

すなわち、かの日は火の中に現れて、それを明らかにし、またその火は、それぞれの仕事がどんなものであるかを、ためすであろう。もしある人の建てた仕事がそのまま残れば、その人は報酬を受けるが、その仕事が焼けてしまえば、損失を被るで あろう。しかし彼自身は、火の中をくぐってきた者のようにではあるが、救われるであろう。(第一コリント三章十~十五節)

それで、わたしのこれらの言葉を聞いて行うものを、岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることができよう。雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけても、倒れることはない。岩を土台としているからである。また、わたしのこれらの言葉を聞いても行わない者を、砂の上に自分の家を建てた愚かな人に比べることができよう。雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけると、倒れてしまう。そしてその倒れ方はひどいのである」。(マタイ七章二四~二七節)

このように、いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。このうちで最も大いなるものは、愛である。 (第一コリント十三章十三節)

他の投稿もチェック

完成めざして

完成めざして それぞれ人は、完成を目指して励んでいるところがあると思います。それが医療関係の人であれ、飲食店のサービス業であれ、またスポーツの選手であれ。苦しい経験、訓練を通して人は、そこに至ります。 無駄のない動き、軽やかさ、一貫性… その人の練達ぶりから、「完成」を感じます。 これは信仰の道に導き入れられた私たちにも言えることですが、キリストを信じる信仰者の完成は、この世の人達のものと異なるところがあります。 私たちの完成は、イエス・キリストのようになることであり、信仰者それぞれを完成に至らせるのは神です。...

神に会う備え

神に会う備え 時々、立ち止まること、現場から離れることは、普段見ていない、あるいは見えてないものを見る助けになります。しかし、せっかく現場から離れても、まだ心配事が思いを駆け巡っているなら、神様が示されたいことに目が開かれないということがよくあります。私たちはそれほども日常の環境が影響を与え、神よりは自分の周りのものに影響されて生きているということです。  なかなか立ち止まることができないと、神が立ち止まらせてくれますが、痛みを伴ってということがあります。...

愛する者のためのとりなし

愛する者のためのとりなし 私が家出していた時のことは、他のところで分け合っていますが、その裏話というか、後になって近所のおばさんから聞いたお話です。 「私の旦那が仕事で函館に立ち寄った時、あんたらしい人を見たと言っていました。それであんたのお母さんに話したら、あんたのお母さんは、『そのままにしておいてあげたい』ということだった」...