祈りの種  

j
2022年11月26日

「ひとしずく」ーーひと昔編

大学に入りたての頃、私はその大学の先輩に誘われて、聖書研究部という サークルに入りました。そこで人生の答えである聖書とイエス様を見出しました。それからというもの、とにかく他の学生達にも、その喜びを分け合いたくてたまりませんでした。

 大学二年生となった時には、専門課程の工学部の校舎のある別の市に移りました。残念ながら、その学部には聖書研究会はなかったので、私は一人で聖書研究会を始めることにしました。その頃、私は毎日昼休み時間には大学から抜け出て、一人小川の傍に腰を降ろして、学生達が主を知ることができるようにと祈っていました。しかし、集まったのは二、三人だけでした。それでも感謝なことだったのですが、私の祈りは、あまり聞かれていないように感じていました。

 しかし、今日、ボランティアで来てくれた学生たちに聖書のメッセージを分け合っていた時に、突然、学生の頃のあの祈りを思い出したのです。そして思いました。主はあの頃の私の祈りをまだ覚えていてくださり、 今、こうした形でその祈りに答えてくださっている! と。主よ、感謝します!

 主は、祈りに答えられます。たとえ、すぐには聞かれないように思えても、その祈りを主は忘れる事はなく、何年後、または何十年後に、こうして答えてくださるのです。

  福音の種を蒔くなら、私たちはその実を刈り取ることになります。そして祈りも、種のようで、いつかきっとその実を刈り取ることになるのだと思います。もしかしたら、それはずっと先のことで、自分がこの世を去った後かもしれませんが、それが神の御旨に適ったものであるなら、神の時にそれは必ず成就するのです。

 福音の種と共に、祈りの種を蒔き続ける者となれますように。

わたしたちが、神に対していだいている確信はこうである。すなわち、わたしたちが何事でも、神の御旨にしたがって願い求めるなら、神はそれを聞き入れて下さるということである。そしてわたしたちが願い求めることは、何でも、聞き入れて下さると分かれば、神に願い求めたことはすでに、かなえられたことを知るのである。(第一ヨハネ五章十四、十五節)

少ししかまかない者は、少ししか刈り取らず、豊かにまく者は、豊かに刈り取ることになる。(第二コリント九章六節)

他の投稿もチェック

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む (このお話は2014年に書かれたものであることをお伝えします。) 私たちは、自宅から車で一時間ほど行った町に、ひと月に一度かニ度買い物に出かけるのですが、私たちの場所から十キロメートルも車を走らせると、そこはもう雪が全く見当たらない別世界となります。昨日も、母を病院の定期検診と買い物に連れて行ったのですが、いかに自分たちの所が他に比べると雪が多い地域かということがわかります。...

ひとしずく1515-神の見解 

ひとしずく1515-神の見解  神と私たち人間との見解は異なります。私たちはそのことを踏まえて、もっと自分の考えにとらわれず神様の見解を求める必要があると思います。改めて聖書が示す神の見解を心に刻む事ができますように。 主はサムエルに言われた、「顔形や、身のたけを見てはならない…わたしが見るところは人とは異なる。人は外の顔形を見、主は心を見る」(サムエル記上16:7) イエスは答えて言われた、「天地の主なる父よ、あなたに感謝します。これらのことを知恵のある者や、賢い者に隠して幼な子に現してくださったからです。」(マタイ11:25)...

ひとしずく1514-選択という賜物

ひとしずく1514-選択という賜物   あなたは神様の御心を知っていますか?神様の御心、それは、私たちがいつも神様の近くに住まい、神の御顔を仰ぎ、愛し、どんな状況にあっても神様の約束を固く信じ、賛美しつつ御言葉に従って生きることです。しかし、神様は、そんな御自分の思いを押しつけたりせず、私たちの自由意志を尊重し、選択と言う賜物を与えてくださっています。何と深い愛だろうと思います。その神の御姿は、放蕩息子の父親の姿で表されています。  ...