真に不動なるもの

j
2022年11月10日

 昨夜、静岡の友人の家に泊めてもらい、朝、海岸を散歩しました。

 ちょうど水平線から太陽が昇るところで、その光が海面に反射してとてもきれいでした。また別の方角に目をやれば、オレンジ色の朝陽を受けた富士山がそびえています。堂々としたその姿は、やはり威厳があると思いました。 しかし、この美しく穏やかにそびえ立つ富士山も、専門家らは、噴火の可能性を語っています。 目の前に広がる美しい海にしても、いつ様相を変え、津波として襲ってくるかわかりません。

  自然は、神様の栄光を讃えていて、その雄大さ美しさ堅固さは神様の性質をうかがわせ、あたかも不動のものに見えます。私たちが海や山を見て心落ち着くのは、そのせいなのかもしれません。人は無意識の内に、不動のものを心の拠り所とするからです。けれども、自然は神ではなく、神の手の業に過ぎません。

 不動なものは神のみです。自然という私たちをとりまく被造物も、神様の定められた時まで、立って存在するものです。

しかし、たとえこの天地が滅びようとも、主と主の御言葉は永遠に変わることはありません。 神だけが、この世で唯一の真に不動なものなのです。

 朝陽に照らされた駿河湾と富士山という神秘的な風景を通して、 目を再び、不動で確かなものに向けることを霊感されました。

 どうか、あらゆるものが移りゆく、この時代にあって、私たちが、いつまでも変わることのない、主とつながっていることができますように! 主の導きに従うことができますように!

神はわれらの避け所また力である。悩める時のいと近き助けである。このゆえに、たとい地は変り、山は海の真中に移るとも、われらは恐れない。たといその水は鳴りとどろき、あわだつとも、そのさわぎによって山は震え動くとも、われらは恐れない。(詩篇四十六篇一~三節)

天地は滅びるであろう。しかしわたしの言葉は滅びることがない。(マタイ二十四章三十五節)

イエス・キリストは、きのうも、きょうも、いつまでも変ることがない。(ヘブル十三章八節)

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...