預言の言葉

j
2024年7月7日

預言の言葉

こうして、預言の言葉は、わたしたちにいっそう確実なものになった。あなたがたも、夜が明け、明星がのぼって、あなたがたの心の中を照すまで、この預言の言葉を暗やみに輝くともしびとして、それに目をとめているがよい。 (第二ペテロ 1章19節)

イエス様が、変貌の山で、モーセとエリヤと共に輝いているのを見たとき、ペテロにとって、自分たちのそばにいるこの方こそ、昔から預言されていたメシアで、預言の言葉の確かなことを確信したのです。聖書の預言が成就していると、はっきりとわかることが、いかにペテロにとって確信を与えることとなったことでしょう。

夜が明け、明星がのぼるというのは、明けの明星であるイエス様の再臨のことを指します。ですから、ますます暗くなっていく世の中にあって、イエスの再臨まで、預言の言葉に目をとめておこう、というものです。世の動向は、アリジゴクのように、下へ下へと引きずっていくかもしれませんが、私たちの希望は、聖書の約束にある、イエス様の再臨と、それに続くイエスの支配される千年王国です。

 その約束の言葉が、暗闇に輝くともしびだというのです。

いかに私たちが、み言葉の学び、吸収に真剣に取り組むべきかということが言われています。

天地は滅びるであろう。しかしわたしの言葉は滅びることがない。 (マタイ24章35節)

私たちがこの、ともしびの光にしっかりと目をとめて歩む時、私たち自身が、世にとって光となります。

すべてのことを、つぶやかず疑わないでしなさい。 それは、あなたがたが責められるところのない純真な者となり、曲った邪悪な時代のただ中にあって、傷のない神の子となるためである。あなたがたは、いのちの言葉を堅く持って、彼らの間で星のようにこの世に輝いている。 (ピリピ2章14-15節)

他の投稿もチェック

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)  私たちは、霊の戦いに従事していることになっています。しかし、霊の戦いであるのに、霊の武器を十分ふるっていない時があると思います。主は霊の戦いを通して、その戦いをどのように戦うかを教えておられるのだと思います。戦い方は、戦うことを重ねてしか練達しません。  イエスがゲラサの地で会われた男の人、彼は大勢の悪霊につかれていました。...

ゴメンなさい

ゴメンなさい 昨日、大豆とオクラの混作している畝の脇に生えている草を草刈り機で刈っていた時、自分では注意していたつもりでも、オクラの苗の葉っぱを切っていたことがわかりました。娘がそれらの草と一緒に切り取られた小さな葉っぱを手に取り上げて、悲しんでいたのは言うまでもありません。最近は、大体、娘が種から苗を育てています。  私は、「ごめん。気をつてたけど。見えなかった…」...

このために…

このために… 夕暮になり日が沈むと、人々は病人や悪霊につかれた者をみな、イエスのところに連れてきた。 こうして、町中の者が戸口に集まった。 イエスは、さまざまの病をわずらっている多くの人々をいやし、また多くの悪霊を追い出された。また、悪霊どもに、物言うことをお許しにならなかった。彼らがイエスを知っていたからである。 朝はやく、夜の明けるよほど前に、イエスは起きて寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。 すると、シモンとその仲間とが、あとを追ってきた。 そしてイエスを見つけて、「みんなが、あなたを捜しています」と言った。...