わたしの神

j
2024年7月1日

わたしの神

ただ人を強制して従わせようとしているのではない

暗い中にあっても光がある

人がみな立ち去っても、共にいてくれる愛

自分の力が尽きても、天から下る力がある

どうしたらいいかわからない時、これが道だと確信を与えてくれる

規則をもう一つ学ぶことが教育ではない

知識をもう一つ詰め込むことが賢くなることではない

私を決して離れず、捨てない方、

私を造られ、私のために計画を持っておられる神がおられること

限りない愛をもって私を迎えてくれる方

この方を知ること

知れば知るほど、もっと求めたい、もっと愛したい

静かな時間があったら、ただ交わっていたい

もっと多くの人に教えたい、

この方のことを

永遠の命とは、唯一の、まことの神でいますあなたと、また、あなたがつかわされたイエス・キリストとを知ることであります。
(ヨハネによる福音書 17章3節)

他の投稿もチェック

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)  私たちは、霊の戦いに従事していることになっています。しかし、霊の戦いであるのに、霊の武器を十分ふるっていない時があると思います。主は霊の戦いを通して、その戦いをどのように戦うかを教えておられるのだと思います。戦い方は、戦うことを重ねてしか練達しません。  イエスがゲラサの地で会われた男の人、彼は大勢の悪霊につかれていました。...

ゴメンなさい

ゴメンなさい 昨日、大豆とオクラの混作している畝の脇に生えている草を草刈り機で刈っていた時、自分では注意していたつもりでも、オクラの苗の葉っぱを切っていたことがわかりました。娘がそれらの草と一緒に切り取られた小さな葉っぱを手に取り上げて、悲しんでいたのは言うまでもありません。最近は、大体、娘が種から苗を育てています。  私は、「ごめん。気をつてたけど。見えなかった…」...

このために…

このために… 夕暮になり日が沈むと、人々は病人や悪霊につかれた者をみな、イエスのところに連れてきた。 こうして、町中の者が戸口に集まった。 イエスは、さまざまの病をわずらっている多くの人々をいやし、また多くの悪霊を追い出された。また、悪霊どもに、物言うことをお許しにならなかった。彼らがイエスを知っていたからである。 朝はやく、夜の明けるよほど前に、イエスは起きて寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。 すると、シモンとその仲間とが、あとを追ってきた。 そしてイエスを見つけて、「みんなが、あなたを捜しています」と言った。...