主にゆだねる

j
2024年6月24日

主にゆだねる

主に信頼して善を行え。そうすればあなたはこの国に住んで、安きを得る。 主によって喜びをなせ。主はあなたの心の願いをかなえられる。 あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ、主はそれをなしとげ、 あなたの義を光のように明らかにし、あなたの正しいことを真昼のように明らかにされる。 (詩篇 37篇3-6節)

 主が始められた業は、主が成し遂げて下さると、信頼し委ねることが大切であることを今も学んでいます。自分で仕上げようとか、成し遂げようとすると、すべて自分が背負うことになり、ストレスと重荷以外の何ものでもなくなります。しかし、主のくびきであり、主の重荷であれば、私たちはただ主に従うのでいいのです。主がそれを成し遂げられる。私(たち)は、主がしなさいと言われた善に集中して、また今日一歩踏み出せばいいのです。自分の思うとおりに行かない物事を自分が全部取り仕切ろうと思うなら、疲れ果ててしまいます。主は、私たちを主の翼の下に集めようとされているのです。

 その点で、私が弱さを抱えていると、主にいつもより頼まざるを得ないので、その状況において主が御自身の計画を成し遂げるにあたり主にとってはもっと容易なのでしょう。

 今日主につながり、主の翼の下に避け所を見出せますように。敵である悪魔が、自分の力でやり遂げさせようとしてそそのかしますが、主の下に留まり、主と共に歩めますように。それによってすべての栄光が主に帰されますように。

 いと高き者のもとにある隠れ場に住む人、全能者の陰にやどる人は 主に言うであろう、「わが避け所、わが城、わが信頼しまつるわが神」と。 (詩篇 91篇1-2節)

 ところが、主が言われた、「わたしの恵みはあなたに対して十分である。わたしの力は弱いところに完全にあらわれる」。それだから、キリストの力がわたしに宿るように、むしろ、喜んで自分の弱さを誇ろう。 (第二コリント12章9節)

 すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。 わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。 わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである」。 (マタイ11章28-30節)

他の投稿もチェック

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)  私たちは、霊の戦いに従事していることになっています。しかし、霊の戦いであるのに、霊の武器を十分ふるっていない時があると思います。主は霊の戦いを通して、その戦いをどのように戦うかを教えておられるのだと思います。戦い方は、戦うことを重ねてしか練達しません。  イエスがゲラサの地で会われた男の人、彼は大勢の悪霊につかれていました。...

ゴメンなさい

ゴメンなさい 昨日、大豆とオクラの混作している畝の脇に生えている草を草刈り機で刈っていた時、自分では注意していたつもりでも、オクラの苗の葉っぱを切っていたことがわかりました。娘がそれらの草と一緒に切り取られた小さな葉っぱを手に取り上げて、悲しんでいたのは言うまでもありません。最近は、大体、娘が種から苗を育てています。  私は、「ごめん。気をつてたけど。見えなかった…」...

このために…

このために… 夕暮になり日が沈むと、人々は病人や悪霊につかれた者をみな、イエスのところに連れてきた。 こうして、町中の者が戸口に集まった。 イエスは、さまざまの病をわずらっている多くの人々をいやし、また多くの悪霊を追い出された。また、悪霊どもに、物言うことをお許しにならなかった。彼らがイエスを知っていたからである。 朝はやく、夜の明けるよほど前に、イエスは起きて寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。 すると、シモンとその仲間とが、あとを追ってきた。 そしてイエスを見つけて、「みんなが、あなたを捜しています」と言った。...