イエス様、ありがとう

j
2024年6月9日

ひとしずく846-イエス様、ありがとう (2012年配信)

 「イエス様、ありがとう」 

  いつもそばにいてくれる愛する妻が

  昨日、心臓が苦しくなって病院に運ばれた  妻が突然いなくなってしまうかもしれない そう思った時、はっと気づいたことがある

  どれだけ自分は、彼女の愛と助けを受けて

 支えられてきたか  いつも 微笑んでくれて 頼りにしてくれて  小さな優しさに  喜んでくれて 

 そんな愛が  すぐそばにあったのに  当たり前に思っていた 

 妻の語りかける一つ一つの言葉に

 大して注意も感謝も払わないできた自分  私を助け、励まし、慰め、共に喜んでくれ 心をぶっつけてくれ  赦してくれ   一緒に歩いてくれた妻の愛をしみじみ思う 「あなたは特別だよ」って励ましてくれて そして、こんな私を信じてくれて ありがとう

 イエス様、ありがとう 

 この妻の病を、ありがとう どんなに素晴らしい  愛の贈り物を頂いているかに  気づかせてくれて  イエス様、本当にありがとう 

<十二年も前に配信されたものでした。今、私を病院に見送るために、いろいろと入院支度で忙しくしてくれている妻に、感謝です。あれから何度か、妻は病気で動けなくなったこともありましたが、その度に、主は祈りに答えて下さり、癒してくださいました。感謝です。神と人に仕えるため、今日という日を精一杯生きれまように!>

他の投稿もチェック

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)  私たちは、霊の戦いに従事していることになっています。しかし、霊の戦いであるのに、霊の武器を十分ふるっていない時があると思います。主は霊の戦いを通して、その戦いをどのように戦うかを教えておられるのだと思います。戦い方は、戦うことを重ねてしか練達しません。  イエスがゲラサの地で会われた男の人、彼は大勢の悪霊につかれていました。...

ゴメンなさい

ゴメンなさい 昨日、大豆とオクラの混作している畝の脇に生えている草を草刈り機で刈っていた時、自分では注意していたつもりでも、オクラの苗の葉っぱを切っていたことがわかりました。娘がそれらの草と一緒に切り取られた小さな葉っぱを手に取り上げて、悲しんでいたのは言うまでもありません。最近は、大体、娘が種から苗を育てています。  私は、「ごめん。気をつてたけど。見えなかった…」...

このために…

このために… 夕暮になり日が沈むと、人々は病人や悪霊につかれた者をみな、イエスのところに連れてきた。 こうして、町中の者が戸口に集まった。 イエスは、さまざまの病をわずらっている多くの人々をいやし、また多くの悪霊を追い出された。また、悪霊どもに、物言うことをお許しにならなかった。彼らがイエスを知っていたからである。 朝はやく、夜の明けるよほど前に、イエスは起きて寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。 すると、シモンとその仲間とが、あとを追ってきた。 そしてイエスを見つけて、「みんなが、あなたを捜しています」と言った。...