光を灯して

j
2024年5月25日

ひとしずく811 光を灯して

 <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。
 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。

これは、信仰の歩みに似ていると思います。
私たちを主は「世の光」と呼んで下さっています。光は闇を照らすためのものです。

車のヘッドライトをつけて初めて、蛍光塗料で塗られているそれらの標識が見え、それに沿って、暗い山道でも、崖から落ちたり、山にぶつかったりせずに走ることができるのです。しかし、こちらが光を灯さない限りは、導きの路側帯のラインも中央線のラインも、ガードレールも何も見えず、先に進むことはとても無理でしょう。
 光は、闇の道を行く者にとっては命なのです。
 私たちも時々、暗闇に置かれたような状況と心境の中で、どうしたらよいかわからず、立ちつくしてしまうことがあります。しかし、もしかしたらそれは私たちが「世の光」として、先ず主が示された一歩に従うという、光を灯すことをしていないからなのかもしれません。主は、人を赦すように、あるいは何かを与えるように、あるいは話しかけるように、思い煩わないように、疑うのではなく信頼するように、といった導きを与えておられるのかもしれません。しかし、その導きに従う(光を灯す)ことをせずに、ただ闇の中でさまよっているのです。そして「暗いから自分は何もできない」という絶望的な思いを持ってしまうのではないでしょうか?

ある人が、その素晴らしい生涯の善行を称えられた時、こう答えたそうです。

「それは神様が、私がこうした行いをするようにと、人生の道を備えてくださっていたのです。私はその道をただ通り過ぎているに過ぎないのです」

私たち一人一人にも、神様が備えてくださっている人生の道があります。

しかし、闇が暗くてその道を見い出せないというのなら、光を灯してください。そうするなら、道はあなたのすぐ目の前にあるのを見るでしょう。そして主が、その道をあなたと共に歩まれます。

今日、主が私たちのために備えて下さった道を、光の子として歩むのを助けてくださいますように。

「わたしたちは神の作品であって、良い行いをするように、キリスト・イエスにあって造られたのである。神は、わたしたちが、良い行いをして日を過ごすようにと、あらかじめ備えて下さったのである。」(エペソ2:10
「こうして、あなたがたは、神に愛されている子供として、神にならう者になりなさい。また愛のうちを歩きなさい。キリストもあなたがたを愛して下さって、わたしたちのために、ご自身を、神へのかんばしいかおりのささげ物、また、いけにえとしてささげられたのである。また、不品行といろいろな汚れや貪欲などを、聖徒にふさわしく、あなたがたの間では、口にすることさえしてはならない。また、卑しい言葉と愚かな話やみだらな冗談を避けなさい。これらは、よろしくない事である。それよりは、むしろ感謝をささげなさい・・・あなたがたは、以前はやみであったが、今は主にあって光となっている。光の子らしく歩きなさい―光はあらゆる善意と正義と真実との実を結ばせるものであ―・・・光にさらされる時、すべてのものは、明らかになる。明らかにされたものは皆、光となるのである・・・」(エペソ5:1-4, 8,9,13,14)

(ひとしずく811より)

他の投稿もチェック

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)  私たちは、霊の戦いに従事していることになっています。しかし、霊の戦いであるのに、霊の武器を十分ふるっていない時があると思います。主は霊の戦いを通して、その戦いをどのように戦うかを教えておられるのだと思います。戦い方は、戦うことを重ねてしか練達しません。  イエスがゲラサの地で会われた男の人、彼は大勢の悪霊につかれていました。...

ゴメンなさい

ゴメンなさい 昨日、大豆とオクラの混作している畝の脇に生えている草を草刈り機で刈っていた時、自分では注意していたつもりでも、オクラの苗の葉っぱを切っていたことがわかりました。娘がそれらの草と一緒に切り取られた小さな葉っぱを手に取り上げて、悲しんでいたのは言うまでもありません。最近は、大体、娘が種から苗を育てています。  私は、「ごめん。気をつてたけど。見えなかった…」...

このために…

このために… 夕暮になり日が沈むと、人々は病人や悪霊につかれた者をみな、イエスのところに連れてきた。 こうして、町中の者が戸口に集まった。 イエスは、さまざまの病をわずらっている多くの人々をいやし、また多くの悪霊を追い出された。また、悪霊どもに、物言うことをお許しにならなかった。彼らがイエスを知っていたからである。 朝はやく、夜の明けるよほど前に、イエスは起きて寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。 すると、シモンとその仲間とが、あとを追ってきた。 そしてイエスを見つけて、「みんなが、あなたを捜しています」と言った。...