神様の愛はいつもすぐそばに

j
2024年5月24日

ひとしず く815-神様の愛はいつもすぐそばに

他の全ての人が捨てても
決して捨てることはしない
周りの人たちが自分のことを
どう思っていようと
一向にかまいはしない
みんなの前でも、
どこでも
「私はあなたが大好き!」
と叫ぶ

ただ、私がいることを
喜んでくれる
私の顔を見ただけで
その喜びを体いっぱいに表してくれる
一生、最後まで共にいてくれる
いい相手が見つかったから
おさらば、なんてことは決してない
私が思いやりに欠けたことをしてしまっても
決して恨みに思わない

「あなた が大好き!あなたが一番!」
って言ってくれる
そう、いつも 「(ナンバー)ワン!」って

ペット犬の、飼い主に対する
あふれるほどの愛を見ていると
イエス様の言葉を思い出す

「わたしは決してあなたを離れず、あなたを捨てない」

自分で、自分が嫌になる時でも、
決してその愛は変わることはない

生涯命を かけて、仕えてくれる人の姿をとって
現れてくださったイエス様
私たち全ての罪を背負って
十字架で死んでくださった
そして、今はいつもいつまでも一緒にいてくれる

いつも、そばにいて
寄り添っていてくれる
私たちのあやまちを赦し
咎めもせずに
今日も励ましてくれる
神様の愛

神様(GOD)は私たちに
愛を伝えるのが大好き
へりくだった犬(DOG)の姿は
そのあふれんばかりの愛の表現

他の投稿もチェック

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)  私たちは、霊の戦いに従事していることになっています。しかし、霊の戦いであるのに、霊の武器を十分ふるっていない時があると思います。主は霊の戦いを通して、その戦いをどのように戦うかを教えておられるのだと思います。戦い方は、戦うことを重ねてしか練達しません。  イエスがゲラサの地で会われた男の人、彼は大勢の悪霊につかれていました。...

ゴメンなさい

ゴメンなさい 昨日、大豆とオクラの混作している畝の脇に生えている草を草刈り機で刈っていた時、自分では注意していたつもりでも、オクラの苗の葉っぱを切っていたことがわかりました。娘がそれらの草と一緒に切り取られた小さな葉っぱを手に取り上げて、悲しんでいたのは言うまでもありません。最近は、大体、娘が種から苗を育てています。  私は、「ごめん。気をつてたけど。見えなかった…」...

このために…

このために… 夕暮になり日が沈むと、人々は病人や悪霊につかれた者をみな、イエスのところに連れてきた。 こうして、町中の者が戸口に集まった。 イエスは、さまざまの病をわずらっている多くの人々をいやし、また多くの悪霊を追い出された。また、悪霊どもに、物言うことをお許しにならなかった。彼らがイエスを知っていたからである。 朝はやく、夜の明けるよほど前に、イエスは起きて寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。 すると、シモンとその仲間とが、あとを追ってきた。 そしてイエスを見つけて、「みんなが、あなたを捜しています」と言った。...