イエス様の呼び名

j
2024年5月23日
ひとしずく813-イエス様の呼び名

 「神の見えない性質、すなわち、神の永遠の力と神性とは、天地創造このかた、被造物において知られていて、明らかに認められる・・・」(ローマ 1:20)

自然を見ていると、神様の素晴らしい性質が伺えます。

岩は、どっしりしていて、嵐の時にしがみつくことのできる、神様の堅固さ、永遠に変わらぬ真実の象徴。
 
「神こそ、わたしの岩、わたしの救い、砦の塔。わたしは決して動揺しない。」(詩篇 62:3)

 火は、不純物を取り除き、あらゆるものを清めてくれる、神様の聖さと情熱の象徴。
 
「わたしたちの神は、実に、焼きつくす火である。」(ヘブル12:29)

 水は、私たちの渇きを癒し、潤してくれる、神様の癒しと再生の象徴。
「(ユダの野にあったときによんだダビデの歌)神よ、あなたはわたしの神、わたしは切にあなたをたずね求め、わが魂はあなたをかわき望む。水なき、かわき衰えた地にあるように、わが肉体はあなたを慕いこがれる。」(詩篇 63:1)

風は、目には見えず、どこからきてどこに行くのかわからない不思議な存在。霊も同じ。霊とは神による息吹き、全ての命の創造の象徴。(へブル語で風は息吹き、霊を意味する)

「主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きるものとなった。」(創世記 2:7)

このように神様の様々な御性質は、自然の中にたくさん見ることができます。
さらに聖書には、主イエス様のその御性質からの呼び名は、実に多くあります。

 「キリスト・メシア・救い主・あがない主・不思議な助言者・忠実な証人・神のことば・真理・世の光・道・良い羊飼い・仲介者・解放者・大祭司・信仰の創始者、完成者・救いの創始者・弁護する方・神の子・人の子・神・神の聖者・ひとり子・力ある神・神の御姿・永遠の父・主・すべての人の主・ 栄光の主・主の主・祝福に満ちた唯一の主権者・イスラエルの王・王の王・地上の王たちの支配者・いのちの君・平和の君・ダビデの子・若枝・ダビデ 根、また子孫・輝く明けの明星・インヌマエル・第二のアダム・神の小羊・ユダ族から出た獅子・アルファ、オメガ・最初であり、最後である方・神に造られたものの根源である方・造られたすべてのものより咲きに生まれた方・アーメンである方」(ハーレイハンドブックpg550より)

 こんなにも呼び名の多いことには驚きです。それは人々がそれぞれに神の御性質について、より理解できるようにということもあると思いますが、それだけではなく、神様であられる主は、それら全ての名前にふさわしい方であり、また実際、それら全てでもあられる方であるからなのだと思います。
 ちょうど、象のことを知らない目の見えない何人かの人たちが、象の一部分だけを触って「象とはこういう生き物である」と主張して論じ合った話のように、神様がいかなる存在であるかということは、ある一面だけからは結論づけることもできず、また一つの事象や出来事からも言い切ることはできません。
神様は私たちが量り知ることのできない、偉大で深く聖なる方であられるのです。

 この神様についての新たな発見こそ、尽きない喜びを日々もたらしてくれるものだと思います。
 主イエス様についての新しい発見をもって、主が今日あなたを祝福して下さいますように!

他の投稿もチェック

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)

悪の霊に対する戦い(エペソ6章12節)  私たちは、霊の戦いに従事していることになっています。しかし、霊の戦いであるのに、霊の武器を十分ふるっていない時があると思います。主は霊の戦いを通して、その戦いをどのように戦うかを教えておられるのだと思います。戦い方は、戦うことを重ねてしか練達しません。  イエスがゲラサの地で会われた男の人、彼は大勢の悪霊につかれていました。...

ゴメンなさい

ゴメンなさい 昨日、大豆とオクラの混作している畝の脇に生えている草を草刈り機で刈っていた時、自分では注意していたつもりでも、オクラの苗の葉っぱを切っていたことがわかりました。娘がそれらの草と一緒に切り取られた小さな葉っぱを手に取り上げて、悲しんでいたのは言うまでもありません。最近は、大体、娘が種から苗を育てています。  私は、「ごめん。気をつてたけど。見えなかった…」...

このために…

このために… 夕暮になり日が沈むと、人々は病人や悪霊につかれた者をみな、イエスのところに連れてきた。 こうして、町中の者が戸口に集まった。 イエスは、さまざまの病をわずらっている多くの人々をいやし、また多くの悪霊を追い出された。また、悪霊どもに、物言うことをお許しにならなかった。彼らがイエスを知っていたからである。 朝はやく、夜の明けるよほど前に、イエスは起きて寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。 すると、シモンとその仲間とが、あとを追ってきた。 そしてイエスを見つけて、「みんなが、あなたを捜しています」と言った。...