休息のひと時

j
2024年5月8日

ひとしずく1546-休息のひと時

 今日は、雨が降ったり止んだりで、外の仕事は出来ず、午後、Oさん家族と一緒に、モーセの生涯についての映画を子供たちも交えて見ました。それから聖書の言葉を読み、夕食を共にし、最近あったことを話し、またうちの娘が最近描いた油絵を見たりしました。
 少し寒かったので、家内が薪ストーブに火をつけてくれました。夕食は娘がカレーを用意してくれました。Oさんが最近行者ニンニクと味噌をあえたものを下さって、母がOさんに作り方を聞いていました。子供も大人も暖かい部屋で、ゴロゴロ横になっていました。
 皆、この一週間、忙しく疲れていたと思いますが、とてもリラックスして楽しい時を持つことができました。

最後に、また次の一週間も、主が守られ、導いてくださるようにお祈りしました。
夕拝の休息のひと時でした。

 「最後に、兄弟たちよ。いつも喜びなさい。全き者となりなさい。互に励まし合いなさい。そうすれば、愛と平和の神があなたがたと共にいて下さるであろう。」(第二コリント13:11)

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...