愛の詩

j
2024年5月3日

ひとしずく1537-愛の詩

(アクティベート・リーフ No.243より)

友はいずれの時にも愛する、兄弟はなやみの時のために生れる。

―箴言17:17

世には友らしい見せかけの友がある、しかし兄弟よりもたのもしい友もある。

―箴言18:24

愛は大水も消すことができない、洪水もおぼれさせることができない。

―雅歌8:7

何よりもまず、互の愛を熱く保ちなさい。愛は多くの罪をおおうものである。

―1ペテロ4:8

わたしたちは言葉や口先だけで愛するのではなく、行いと真実とをもって愛し合おうではないか。  ―1ヨハネ3:18

愛は、与えようとする一貫した情熱であって、ただ受け取ろうとするしつこい願いではない。    ―スワミ・チンミヤナンダ(1916-1993)

愛は、誰かがやってきて、それに意味を与えてくれるまでは、単なる言葉でしかない。

―著者不明

愛とは、愛しにくいものを愛すること。そうでなければ、美徳とはいえない。

―G・K・チェスタートン(1874-1936)

愛することには代価がかかることもあるが、愛さないことにはもっと代価がかかる。

愛するのを恐れる人はおそらく、愛の欠如が人生から喜びを奪う空しさであることを知るであろう。    ―マール・シェイン(1935-1989)

真の愛は、人生の身体的作業を高尚で威厳のあるものとする。

愛ゆえになされた地道な奉仕は、その内に不朽の詩情を宿している。                        ―ハリエット・ビーチャー・ストウ(1811-1896)

恵みとは、「受けるに値しない好意」だと言われます。

そして、私たちは、キリストが私たちを愛して下さるように愛するよう教えられています。それは、神は私たちに恵みを示されたので、私たちも互いに恵みを示すべきだということです。

つまり、私たちは人に対して、相手が値すると思う以上に親切にすべきなのです。

―著者不明

愛するとは、天国を垣間見ること。

―カレン・スンデ(1942-)

神さま、私に、あなたの愛の霊をお授け下さい。

それによって、私が、受けるよりも与えることを願い、理解されるよりも理解することを求め、他の人のことをもっと思いやり、自分のことは忘れることができますように。

―フレデリック・B・マイヤー(1847-1929)

愛されること以上に魅惑的な驚きはない。

それは、人の肩に神の指が置かれていること。       

―チャールズ・ラングブリッジ・モーガン(1894-1958)

愛されるために愛するのは、人間的な行為。

愛するために愛するのは、天使のような行為。    

―アルフォンス・ド・ラマルティーヌ(1790-1869)

人生を振り返ってみると、真に生きた時というのは、

愛の精神で行動した時であることに気づくであろう。 

 ―ヘンリー・ドラモンド(1851-1897

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...