休息は神の御心 

j
2024年4月30日
ひとしずく4530 休息は神の御心 

 「今日は、どうだった?勉強進んだ?」と娘に尋ねると、娘はちょっと悪い事でもしたように、「今日は疲れて眠っちゃった・・・」と答えました。

実は、私も朝から薪小屋を作るので忙しく、昼ご飯を食べたら、もう体がぐったりで、眠ってしまいました。しかし、その一時間の昼寝の後、再び元気を取り戻すことができました。娘に、「休むことも、主の御心だよ」と話しました。

 主は、私たちが疲れている時、休んでほしいと思われているのではないでしょうか。私たちも愛する人がくたくたになって働いているのを見ると、いたたまれなくなり、何はさておき、ゆっくり休んでほしいと願うのと同じように。愛する人が、もう疲れてくたくたなのに、さらに体に鞭打ち、働き続けるのを見るのは辛いものです。きっと、そういう時、主も悲しまれているのではないかと思うのです。主は、私たちを愛しておられて、休んでいる私たちを見て喜ばれるのだと思います。

 「重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」とイエス様は語っておられるのですから、私たちに休みを与えたいのです。それは、霊の休息はもちろんですが、そればかりでなく、肉体的な休息もだと思います。

 真の休息は、全てを司っておられる神に対する信頼の表れだと思います。眠っている時も神様が守っていてくださる、世話してくださる、神様に任せていたら、きっと良いようにしてくださるに違いない。こうした信頼に神様はきっと応えてくださるはずです。

 体が疲れている時は、休むのが最善です。主の腕の中で休息するなら、霊も体もリフレッシュされます。そう考えるなら休む時間は、神様からの賜物です。

私たちは、休んだり昼寝したりする時、寝てしまった、時間を無駄にしてしまった、と罪悪感を抱くように感じるところがあると思います。しかし、それが必要な休みであるなら、罪悪感をもって後悔するのではなく、休みと神様との交わりという、神様からの賜物を頂いたと、感謝すべきだと思います。

 疲れているあなたを、主が休息をもって祝福してくださいますように。

 すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、 わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである。(マタイ十一章二八~三〇節)

主なる神、イスラエルの聖者はこう言われる、「あなたがたは立ち返って、落ち着いていることによって救われ、穏やかにし、また確信していることによって力を得る。(イザヤ三〇章十五節)

神はあなたがたをかえりみていて下さるのであるから、自分の思い煩いを、いっさい神にゆだねるがよい。(第一ペテロ五章七節)

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...