空白

j
2024年4月26日

ひとしずく1524-空白

 今日、「墨美展」という美術展に招かれ、行って来ました。そこに私の娘の作品も展示して 頂いています。指導してくださった先生のおかげで、娘の初の作品でしたが、なかなかメッセージがこめられた作品のように思え霊感されまし た。

 ところで、その時頂いたパンフレットに興味深いことが書かれていました。それは「余白の 美」という題で、いかに何も描かれていない部分が大切な役割を果たしているか、というような内容でした。

 私は、このメッセージに出会えたことは大きな収穫であったと思いました。

 人は普通、何もない空の状態、沈黙、孤独な状態を恐れます。何かをしていなければならな い、スケジュールも隙間無く全て何かの事で満たしていなければ気がすまない。空間もあらゆるもので一杯にしてしまいたい、静けさも音楽で または誰かとおしゃべりすることによって消し去りたい。こういった傾向が私たちにあるのではないでしょうか。常に空間も時間も、何かで埋 めていないと気がすまないのです。そして、ついには頭の中まで常に何かを思いめぐらし、それで一杯になってしまっているのです。しかし、 それでは本当に大切なもの、メインとなるものが見えなくなってしまうのではないかと思います。

最近、砂漠が大好きだと話す友人がいました。彼が砂漠を好きなの は、そこは何もないので、神の存在をもっと感じるということのようでした。砂漠にあるのは、ただ砂だけでそれ以外のものは何もありませ ん。しかしそこに確かに存在しておられる 方がいます。神です。何もないからこそ、そこに神しかお られないことを感じ取りやすいというのはわかる気がします。確かに、空間もなく、いつも時間に追われ、目も耳も思考も何かに奪われている なら、神のことを考えることなどなく、神の存在を忘れてしまいそうになるでしょう。

これは余白というより、空白といった方が良いかと思いますが、私 たちは意識して、「空白」を大切にし、神ならぬもので埋め尽くしてしまわないように努力する必要があると思います。何もないところで神と の交わりをもち、静けさの中で神の声を聞くために。神がその空白の存在を許されました。何も無いことを恐れるべきではありません。私たち の神は「無から有を呼び出される神」(ローマ4:17 )であり、光あれ、という言葉一つで、光を造り出すことのできる 方なのです。(創世記1:3)

 この神との結びつきが強くなればなるほど、神様のそうした御性 質、また神には不可能はないという事実が、私たちが、空白を恐れないものになるのを助けてくれるのだと思います。空白は、神の力があらわ されるための舞台に過ぎないからです。

 闇を光に、負を正に、無から有を生じさせ愛の御業をなさって下さる神であるイエス様に しっかりとつながっていることができますように。

「静まって、わたしこそ神であることを知れ。」(詩篇46:10a)

「彼(神)は北の天を空間に張り、地球を何もない所に掛けられる。」(ヨブ26:7)

「わたしは光を造り、また暗きを創造し、平和を造り、また災いを創造する。わたしは主であ る。すべてこれらのことを成す者である。(イザヤ 45:7)

「小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。」(黙示8:1)

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...