そ こで会おう

j
2024年4月25日

ひとしずく1523–そ こで会おう

イエスが墓にはいないという女達の言う言葉を不思議に思い、そのことについて話しながら、 エマオへ向う二人の弟子がいました(一人の名前はクレ オパ)。彼らがエマオに向っていたのは、エルサレムに留まっていたら、自分たちの主のように、ユダヤ人たちに捕まえられ迫害されるであろ うと恐れて、逃げるためであったと考える人がいます。確かにこの二人の弟子たちは、イエス様に会った後、すぐにエルサレムに引き返しまし た。彼らのエマオに行く用事はイエ スに会った後、急に無くなったようです。おそらく、特別な用事などはなく、ただエルサレムから危なくないところに逃げていたとも解釈でき ます。しかし、た とえそうだったとしても、イエス様は、そんな彼らに憐れみを持たれ一緒に歩まれて、彼らに語りかけて、何が起ったのかを聖書から説明して聞かせていたので す。(ルカ24:13-32)

また、エルサレムに留まっていた十一人の弟子たちも、ユダヤ人たちを恐れ部屋に隠れていま したが、そこにイエス様は突如と現れました。

「その日、すなわち、一週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人をおそれて、自分たちのお る所の戸をみなしめていると、イエスが入って来て彼らの中に立ち、『安かれ』と言われた」(ヨ ハネ20:19)

このエマオへ逃げた二人の弟子たちも、エルサレムのある部屋に恐れて閉じこもっていた弟子 たちも、イエス様が言われたことに従ってはいませんで した。彼らは本当はどこに行っているべきだったかと言うと、ガリラヤ(テベリヤの海べ)に行っているべきだったのです。十字架につけられ る前にイエス様は弟子たちに「…わたしは、よみがえってから、あなたがたより 先にガリラヤへ行くであろう」(マルコ14:28)と言っておられましたし、また 墓に来た女達に御使は「急いで行って、弟子たちにこう伝えなさい、『イエスは死人の中からよみがえられた。見よ、あなたがたより先にガリ ラヤへ行かれる。そこでお会いできるであろう』」(マタイ28:7)と語られまし た。

しかし、恐れに駆られていた弟子たちは、ガリラヤに行くことはせず、部屋に閉じこもってい たり、エマオへ行ったりしていたのです。イエス様はそんな弟子たちに、説明して聞かせ、また御自分の蘇られたことを示され、何が起ってい るかを理解させようとしたのです。そして、ようやくイエス様と御使の 言っていたことを理解した弟子たちは、エルサレムから距離にして100キロ以上、一生懸命歩いて二日がかりのガリラヤの地へ行くことにな りました。そして、そこで再び復活されたイエス様に会うのです。

ガリラヤは弟子たちの故郷です。そして、ガリラヤ湖の湖畔は、イエス様との出会いの場所、 ペテロたちがイエス様に、「わたしについてきなさい」と言われたところであり、彼らが全てを捨ててイエス様に従う決意をした場所、信仰と 喜びの出発点であった場所です。

「イエスは彼らに言われた、『わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にし てあげよう』。すると、彼らはすぐに網を捨てて、イエスに従った。」(マタ4:19,20)

ここで弟子たちは、初めて救い主イエス様に出会った時の喜びにもまして、復活されたイエス 様との出会いをどんな感動をもって迎えたのでしょう? イエス様はここで、この先、どうしたら良いのかわからずにいた弟子たちに新たなる任務を与えられました。「わたしの羊を養いなさい」(ヨ ハネ21:17)と言われたのです。これはペテロに言われた言葉でしたが、ペテロ 以外の全ての弟子たちにとっての召しでもあったと思います。

この後に、イエス様は天に挙げられる前には、弟子たちに「エルサレムから離れないで」いな さいと語られますが、その時には弟子たちはその御言葉に従い、エルサレムに留まっていました。

「イエスは苦難を受けたのち、自分の生きていることを数々の確かな証拠によって示し、四十 日にわたってたびたび彼らに現れて、神の国のことを語られた。そして 食事を共にしているとき、彼らにお命じになった、『エルサレムから離れないで、かねてわたしから聞いていた父の約束を待っているがよい。 すなわち、ヨハネは水でバプテスマを授けたが、あなたがたは間もなく聖霊によって、バプテスマを授けられるであろう』…それから彼らは、オリブという山を下ってエルサレムに帰った。この山はエルサレムに 近く、安息日に許されている距離のところにある。」(使徒1:3-5,12)

このイエス様の言葉に従った弟子たちは、イエス様が復活されてから五十日目にあたるペンテ コステ(五旬節)の日に、約束の聖霊を受け取ることに なるのです。それ以降、彼らは聖霊に励まされ、導かれながら、「全世界に出て行って、全ての造られたものに福音を宣べ伝えよ」(マルコ 16:15)との主 イエスの使命を受けて、迫害や死をも恐れない、大胆な証し人へと変貌し、福音を宣べ伝えていったのでした。

イエス様の復活の事実と、聖霊とが、彼らの信仰を奮い立たせ、彼らの目を見るべきものに向 けさせたのだと思います。

そして、彼らがこの力を得たのは、すべて主の御言葉に従うことによってでした。

主の祝福と導きは、私たちが自分たちの恐れや理屈をこえて、主の言われたことに従う時に与 えられますが、私たちはどうしても目に見えるもの、恐 れているものによってその決断が簡単に影響されてしまう弱さがあります。しかし聖霊は、私たちを説得し促して主の言われていたことに従う ように導かれま す。どうか聖霊の助けによって、自分の今までの古い考えとわだちを捨てて、主の御言葉に従うことができますように。そこで復活された生きたイエス様と会う ために。アーメン。

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...